「園バスがない」
こどもの教育のために重要な5つの理由

当園には通園バスがありません。幼児教育の研究分野では徒歩通園が理想的であるとされています。お子様の成長を考え、 以下の5つの理由から徒歩通園をお願いしております。

1.直接担任へお子様を預けられる

 

保護者様の手から直接担任の元へとお子様を預けていただくことができます。 毎日担任とコミュニケーションを取って頂くことができます。一人ひとりのお子様のその日の様子や、 体調を直接担任がうかがい、その子の状況に合わせた保育を行うことができます。

2.歩くことは基本的な体力づくり

幼児期における通園は、歩く・走るなどの基本的な運動能力の向上のみならず、 脳神経の発達にも不可欠な運動になります。

3.子どもとの時間を大切にできる

登降園の時間は、お子様とのふたりだけの時間です。今日の幼稚園で楽しみにしていること、友だちと遊んで楽しかったこと。いろいろなお話をしながら親子の関係を深めていくことができます。 また交通安全に気を付け、交通ルールをお子様に伝えられる機会を持つことができます。

4.園でのお子様の様子を見ることができる

お子様が他のお友達とどのように関わっているのか。ご家庭では見せないお子様の成長を見ることができます。 その様子を知っているのとそうでないのとでは、ご家庭でのお子様とのかかわり方もきっと違うはずです。

5.季節や天候の変化を肌で感じることができる

現代では便利になり、季節や天候に左右されることなく快適に過ごすことができます。 しかし、幼児期のこどもにとっては、雨にぬれ、暑さで汗をかき、寒さに震えることも重要なことです。

番外編 ☆登降園の時間の融通が利く

時間内であれば登降園時間の融通が利きます。その日のお子様の体調や気分によって焦ったり、怒ったりする必要もありません。 時間に縛られることなくお子様と向き合っていただけます。

 

以上徒歩通園の良いところを書かせて頂きました。「ひとりひとりをたいせつに」したいからこその徒歩通園です。 余談ですが、幼稚園といえばバス通園を思い浮かべる方も少なくないかと思いますが、 とあるアンケートによるとバス通園をしているのはわずか3割という結果も出ています。 徒歩通園の良さを少しでもお伝えできたらと思います。

注目! お車での通園もできます

同朋幼稚園では駐車場を14台、学園共用の駐車場を45台ご用意しておりますので、 徒歩通園が難しい日には自家用車を使って頂くこともできます。いざという時も安心です。