社会福祉学部OB・OGメッセージ

一言で社会福祉といっても、その分野はさまざま。
専門的知識や経験を必要とする場所は、大きく広がっています。
本学部の卒業生も、多様な現場で活躍を続けています。

未来へ歩みはじめた卒業生

小椋 美奈子

  • 小椋 美奈子(旧姓:武藤)
  • 2015年度 社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻 福祉教育コース 卒業
  • 岐阜県立大垣桜高等学校 出身
  • 岐阜県立坂下高等学校 福祉科教諭

生徒の気持ちに寄り添う。在学中の学びが現在の仕事の基礎に。

現在、岐阜県立坂下高等学校で福祉科教諭として、介護福祉士の国家資格取得をめざす高校生に対し、福祉の専門的知識や技術を教え、福祉の心を持った人間の育成に努めています。
子どもと大人の間で揺れ動く時期である高校生の悩みや変化にいち早く気づき、人として成長してもらうためにはどうしたら良いかを常に考えながら指導にあたっています。
在学中の経験で印象に残っていることは、オープンキャンパスで高校生に実施した手浴の授業です。「どうすればわかりやすく手浴の方法を伝えられるのか」を考え、同じ福祉科教員をめざす友人と一緒にポスターを作ったり、練習を重ねたりしたことは、現在の授業実践の基礎になっていると感じます。
在学中の勉強はもちろんのこと、サークルやボランティアなどさまざまな活動に参加し、色々な方と接することで社会に対する視野を広げておくことは、社会に出た時にとても有効です。

井田 みゆき

  • 井田 みゆき
  • 2014年度 社会福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻 精神保健福祉コース 卒業
  • 愛知県立中村高等学校 出身
  • 弥富市社会福祉協議会

在学中の多くの人との「つながり」が大切。そこでの経験がその後にとても活かされます。

現在、弥富市社会福祉協議会にて、障がい者の相談支援員として、日々お話を聴き、その方らしい生活ができるよう福祉サービスの紹介等をしています。
当事業所に相談に来る方の約7割が精神障がいのある方なので、在学中に学んだコースの授業や実習でのやり取りが現在の職場で活かされています。
また、社会福祉協議会ではイベント開催や司会等の仕事がよくあるので、在学時に大学祭実行委員として活動した経験がとても役立っています。
大学で友人と過ごした日々はとても思い出深く、国家試験や卒論、卒業旅行があった4年生のことは、特に強く記憶に残っています。
また、精神保健福祉コースの吉田先生には、自分の目標がうまく言葉にできず、実習の計画書が全然書けなかった時など、実習へ行くギリギリまで相談に乗っていただくなど、大変お世話になりました。
多くの人との『つながり』が在学中にも卒業後にも活かされるので、これから同朋大学をめざす皆さんも、ぜひサークルに入ったり、ゼミに参加したりと、積極的に人と関わってください。

堀田 泰経

  • 堀田 泰経
  • 2012年度 社会福祉学部 社会福祉学科 子ども学専攻 幼児教育コース 卒業
  • 愛知県立古知野高等学校 出身
  • 社会福祉法人ふれ愛名古屋 重症児デイサービスmei

在学中の実践経験が、就職後も大いに役立つ。ぜひたくさんの現場での経験を!!

現在、重症児デイサービスで管理者兼児童発達支援管理責任者として、重い障がいのある子どもたちと一緒に行う調理実習や季節行事、感覚遊び、歌唱などを通して療育を行っています。
在学中は、座学の授業だけでなく、実際に乳幼児や保護者と関わり、手遊びなどをその場でやりながら、どう表現したら子どもたちにわかりやすく伝わり、反応が良くなるのかを実践的に学びました。その経験が現在の仕事にとても役立っています。また、苦手なピアノも授業内で克服し、現在仕事で弾いています。
実習での経験や授業で得た知識をもとに、一人ひとりの発達度合に合わせ今後の方向性を考え、活動を提案するなどしています。
就職後に多くの施設に行くことは難しいので、これから同朋大学をめざす皆さんも、ぜひ在学中に、サークルやボランティアなどでたくさんの施設に出向き経験を積んでください。その経験が就職活動にも就職後にも大きく役立つと思います。

伊永 絹葉

  • 伊永 絹葉
  • 2017年度 社会福祉学部 社会福祉学科 子ども学専攻 幼児教育コース 卒業
  • 愛知県・桜花学園高等学校 出身
  • 社会福祉法人ちくさ学園 猫洞保育園

キッズカレッジでの経験が大いに役立つ。4年間で本当にやりたいことの見極めを。

現在、名古屋市内の私立保育園で正規の保育士として働き、0歳児クラスの担任を受け持っています。(※取材当時)
一人ひとりが保育園で生活しやすいよう、子どもたちの成長や生活リズムを考えながら接する現在の仕事には、在学中に経験したキッズカレッジ(子ども学専攻が主催する地域子育て支援活動)が本当に役立っています。子どもを受け入れるための環境を設定すること、当日来てくれる子どもの年齢や季節に合った出し物を、ゼミの仲間と考えることなど、保育の現場へ出るための準備を、授業を通じて体得したのはとても良い経験でした。
また、保護者の方とお話ができる貴重な場でもあり、その点も魅力的だったと思います。子ども学専攻の仲間たちと励まし合い、助け合いながら頑張った毎日は、忙しく大変ではありましたが、その経験が現在の仕事にとても活かされています。
大学4年間では自分の本当にやりたいことを見極め、自分の時間を確保して楽しんでください。時間に融通が効くのは大学生の特権だと思います。毎日の授業はきちんと大切にしながら、長期のお休みなどは有意義な時間にしてほしいです。