大学院
人間福祉研究科

panel humanwelfare labo

より高度な福祉の専門的職業人を めざして学びたい、と考える人のために。

「個人の自立的生活」と「精神的な自立」をサポートする、質の高い人間観や福祉観を身につけた高度な専門職育成をめざしています。

歩む未来

専門的な研究力量・学歴を活かす幅広い進路。

  • □現在の職業における自己のグレードアップ
  • □現在の職業における管理的な職種への移行
  • □他の大学院博士課程への進学
  • □大学・短期大学などの教員
  • □医療機関のソーシャルワーカー、臨床心理士
  • □障がい者施設のソーシャルワーカー、臨床心理士
  • □児童施設の施設長、指導員、保育士、臨床心理士
  • □学校のスクールワーカー

リカレント 教育として

深い知識と教養を身につけることで、 修了後にはさまざまな進路が開けます。

学校教育を終えて社会に出た人などが、職業能力向上のために、より高度な知識や技術、生活するうえでの教養や豊かさのために必要な知識を生涯にわたって学ぶための場としても、本大学院は重要な役割を果たしています。


人間福祉研究科の特徴

同朋精神を礎とした実践研究能力の育成。

人として“共に生きる”という“自立と共生の社会づくり”をめざして、広い視野に立った深い学識と、高度な専門的要求にこたえる卓越した能力を培うことを目標としています。

社会人の学習条件に配慮した学びやすいカリキュラム。

6限(18時30分~20時)【臨床心理学専攻のみ7限(20時10分~21時40分)】を設け、土曜日の昼間にも開講しています。


人間福祉専攻 修士課程

認定社会福祉士の申請に必要な単位を取得できます。

人間福祉専攻および社会福祉学部の開講科目から、社会福祉士に関わる認定申請に必要な必修科目および選択必修の単位が取得できます。
認定社会福祉士に関わる開講科目については、「科目等履修生」でも単位が取得できます。

カリキュラムの特色

グローバルな視点と人間観を福祉の基礎とする体系的なカリキュラム編成

人間福祉専攻は、「研究基盤科目」「研究基礎科目」「研究発展科目」「隣接複合科目」および「特殊演習」から成り立っています。

研究基盤科目

人間福祉学を専門的に学ぶために必要となる導入教育としての役割を担う科目で、人間福祉研究の基礎となる共通の理論と福祉研究法について学ぶ。

研究基礎科目

人間福祉学の研究のための基礎として、社会福祉政策論、社会福祉方法論、生命倫理学、教育哲学、心理学を設け、院生自らの研究テーマに関連する授業科目を選択して研究基礎について学ぶ。

研究発展科目

院生が自らのテーマを遂行する上で必要となる、保健・医療・福祉・教育などに関する実践的な知識について幅広く学ぶ。

隣接複合科目

人間福祉学を学ぶ上で、メゾ・マクロな視点で今日の福祉課題を捉え探究する科目を設置している。また、臨床心理学専攻との合同演習により一つの物事を多角的に見ることについて学ぶ。

特殊演習

初年度から一貫した教育指導のもと、院生の研究に合わせた個別的な指導を実施する。2年目には、院生が設定したテーマをさらに進めていき、修士論文執筆の指導を行う。


臨床心理学専攻(第一種指定大学院)

臨床心理士受験資格に必要な科目を配置しています。

臨床心理学専攻では、児童福祉施設、精神科病院、学校のいずれかの臨床心理士をめざして単位を取得します。特に実習を重視しています。

カリキュラムの特色

高度な専門性と実践性を備えた臨床心理士の養成

社会人にも学びやすい昼夜開講制

夜間中心に単位取得することも可能な、社会人として働きながら就学することも想定したカリキュラムです。

終了後の進路を意識した履修モデル

想定される進路

福祉:
児童養護施設、児童福祉施設における臨床心理士
医療:
精神科病院、精神科クリニック等の臨床心理士
教育:
中学校・高等学校のスクールカウンセラー

科目等
履修生制度

研究科を広く社会に開放し、本学大学院生以外の方にも学ぶ場を提供しています。

科目等履修生制度とは、本学大学院生以外の方が研究科における一部の科目を履修することができる制度です。大学教育の場を社会に開放し、広く学問的関心に応えることを目的としています。科目等履修生として履修した単位は、本研究科入学後、当該研究科の取得単位に認定されます。また履修生は、本学の図書館など学内の施設を利用することができます。

人間福祉
研究科
教員一覧

指導教員

  • 宍戸 健夫 客員教授 博士(保育学研究)
  • 片山 和男 客員教授 (心の健康教育に関する理論と実践)
  • 北畠 知量 客員教授(人間福祉研究)
  • 芝垣 正光 客員教授(障害者心理学特論)
  • 田代 俊孝 客員教授(生命倫理学研究)
  • 田畑 治 客員教授(心理療法特論)
  • 野口 定久 客員教授(比較福祉研究)
  • 野口 典子 客員教授(クオリティマネジメント研究)
  • 伊東 眞理子 特任教授 博士(経済学)
  • 大住 誠 特任教授・臨床心理士 博士(医学)
  • 小島 惠昭 特任教授(仏教福祉研究)
  • 林 博幸 特任教授(社会福祉政策論研究)
  • 繁昌 成明 特任講師(臨床心理基礎演習)
  • 井上 薫 教授(児童福祉臨床研究・家族心理学)
  • 小沢 日美子 教授(発達心理学特論)
  • 目黒 達哉 教授・臨床心理士(臨床心理地域援助特論・保育心理研究)
  • 石牧 良浩 准教授・臨床心理士 博士(文学)(投映法特論)
  • 岩瀬 真寿美 准教授(教育学研究)
  • 汲田 千賀子 専任講師(スーパービジョン研究)
てれめーる
DOプラザ閲蔵
同朋学園大学部付属図書館
年度別シラバス検索 授業概要
同朋大学に寄付をお考えのみなさまへ
同朋大学共育後援会
banner img04s
banner img05s
banner img06s
banner img08