人文学科の4年間

さまざまな角度から真理を追究し
時代の表現者となることをめざす。

人文学科 科目一覧

必修科目
  • 基礎演習 Ⅰ・Ⅱ(大学での学び方)
  • 現代教養概論
選択必修科目
概論(研究方法や理論を学ぶ)
  • 日本文学概論
  • 中国文学概論
  • 歴史文化概論
  • 国語学概論
  • 欧州文学概論
  • 言語学概論
選択科目
基礎学(作品や史資料を読むスキルを身につける)
  • 日本文学概論
  • 中国文学概論
  • 歴史文化概論
  • 国語学概論
  • 欧州文学概論
  • 言語学概論
講義・表現技法(専門分野を広く学ぶ)
  • 国語法
  • 日本文学
  • 中国文学
  • 日本文化史
  • 日本文学史
  • 中国現代事情
  • アジア芸能
  • 表象文化論
  • インド哲学
  • 欧州思想
  • 仏教史
  • 日本史特講
  • 欧州文化史
  • 世界遺産学
  • スポーツ文化史
  • 英米文化
  • 比較文化論
  • サブカルチャー論
  • 文章表現 他
必修科目
  • 宗教と人間
  • 外国語(英語必修/独語・仏語・中国語・韓国語から選択)
  • キャリア開発の基礎
選択科目
  • 哲学
  • 宗教史
  • 死生学
  • 日本史
  • 外国史
  • 国際政治学
  • 経済学概論
  • 日本国憲法
  • 労働法
  • 地理学
  • 経営学
  • 社会学
  • 心理学
  • 認知症の理解
  • 発達教育学
  • 環境学概説
  • 文化総合
  • 情報処理
  • ボランティア論
  • スポーツ実技
  • 海外文化研修 他
必修科目
  • 基礎演習Ⅲ(専門の技法)
  • 基礎演習Ⅳ(プレゼミ)
  • 現代教養概論
選択必修科目
概論(研究方法や理論を学ぶ)
  • 日本文学概論
  • 中国文学概論
  • 歴史文化概論
  • 国語学概論
  • 欧州文学概論
  • 言語学概論
選択科目
基礎学(作品や史資料を読むスキルを身につける)
  • 日本文学概論
  • 中国文学概論
  • 歴史文化概論
  • 国語学概論
  • 欧州文学概論
  • 言語学概論
  • 人文学講読演習Ⅰ〜Ⅳ(作品や史資料を実践的に読む)
講義・表現技法(専門分野を広く学ぶ)
  • 国語法
  • 日本文学
  • 中国文学
  • 日本文化史
  • 日本文学史
  • 中国現代事情
  • アジア芸能
  • 表象文化論
  • インド哲学
  • 欧州思想
  • 仏教史
  • 日本史特講
  • 欧州文化史
  • 世界遺産学
  • スポーツ文化史
  • 英米文化
  • 比較文化論
  • サブカルチャー論
  • 文章表現 他
必修科目
  • 外国語(英語必修/独語・仏語・中国語・韓国語から選択)
  • キャリア開発の展開
選択科目
  • 哲学
  • 宗教史
  • 死生学
  • 日本史
  • 外国史
  • 国際政治学
  • 経済学概論
  • 日本国憲法
  • 労働法
  • 地理学
  • 経営学
  • 社会学
  • 心理学
  • 認知症の理解
  • 発達教育学
  • 環境学概説
  • 文化総合
  • 情報処理
  • ボランティア論
  • スポーツ実技
  • 海外文化研修 他
必修科目
  • 人文学演習 Ⅰ〜Ⅳ(ゼミナール)
選択科目
  • 人文学講読演習Ⅰ〜Ⅳ(作品や史資料を実践的に読む)
講義・表現技法(専門分野を広く学ぶ)
  • 国語法
  • 日本文学
  • 中国文学
  • 日本文化史
  • 日本文学史
  • 中国現代事情
  • アジア芸能
  • 表象文化論
  • インド哲学
  • 欧州思想
  • 仏教史
  • 日本史特講
  • 欧州文化史
  • 世界遺産学
  • スポーツ文化史
  • 英米文化
  • 比較文化論
  • サブカルチャー論
  • 文章表現 他
必修科目
  • キャリア開発の実践
選択科目
  • 哲学
  • 宗教史
  • 死生学
  • 日本史
  • 外国史
  • 国際政治学
  • 経済学概論
  • 日本国憲法
  • 労働法
  • 地理学
  • 経営学
  • 社会学
  • 心理学
  • 認知症の理解
  • 発達教育学
  • 環境学概説
  • 文化総合
  • 情報処理
  • ボランティア論
  • スポーツ実技
  • 海外文化研修 他
必修科目
  • 人文学演習 Ⅰ〜Ⅳ(ゼミナール)
選択科目
  • 人文学講読演習Ⅰ〜Ⅳ(作品や史資料を実践的に読む)
講義・表現技法(専門分野を広く学ぶ)
  • 国語法
  • 日本文学
  • 中国文学
  • 日本文化史
  • 日本文学史
  • 中国現代事情
  • アジア芸能
  • 表象文化論
  • インド哲学
  • 欧州思想
  • 仏教史
  • 日本史特講
  • 欧州文化史
  • 世界遺産学
  • スポーツ文化史
  • 英米文化
  • 比較文化論
  • サブカルチャー論
  • 文章表現 他
選択科目
  • 哲学
  • 宗教史
  • 死生学
  • 日本史
  • 外国史
  • 国際政治学
  • 経済学概論
  • 日本国憲法
  • 労働法
  • 地理学
  • 経営学
  • 社会学
  • 心理学
  • 認知症の理解
  • 発達教育学
  • 環境学概説
  • 文化総合
  • 情報処理
  • ボランティア論
  • スポーツ実技
  • 海外文化研修 他

過去の卒業論文・卒業課題のテーマ

  • 「侍り」と「候ふ」
  • オノマトペの変遷
  • 『伊勢物語』の研究
  • 道成寺説話に関する研究
  • 芥川龍之介「六の宮の姫君」考
  • 夢野久作作品研究—『少女地獄』について
  • 『西鶴諸国はなし』巻一の三「大晦日はあはぬ算用」考
  • 封神演義研究
  • 史記について
  • 平安時代における庭園文化
  • 自然との共生を考える—日本近世の森林理解を手掛かりに—
  • 新撰組の思想変異—思想集団から軍事組織へ
  • 第二次世界大戦に於ける昭和天皇の心情
  • 纏足文化について
  • 中世ヨーロッパの吟遊詩人について
  • イギリス産業革命による地方都市の変容—プレストンを例に—

【Column】役に立つ「理系」? 役に立たない「文系」?

文学部人文学科 金山 泰志 専任講師 

 文系学部で学ぶことは就職に有利ではないし、お金にならないから役に立たない――そんなことを、耳にしたり、あるいは思ったりしたことはありませんか?この短いコラムの中でお伝えしたいことはただ一つ、「文系は役に立つ!」ということです。まず大前提として、人文科学は、その名の通り「科学」です。人文科学は、自然科学とは異なる発想と手法によって、科学技術に対して独自の貢献を行うことができます。
 具体的には、人文・社会科学は人間とその社会を研究対象としますので、例えば、人々の動機や価値選択を考察します。したがって、クローン人間や遺伝子操作などの問題を扱う生命科学にしても、情報技術のもたらす光と陰にしても、これらの諸問題を解決するための総合的プログラムを設計するにあたっては、人文・社会科学の役割が重視されます。
 ちょっと難しい話かもしれませんが、「社会における『文系』の役割は明確にある!」このことだけは覚えておいてほしいと思います。

身につくスキル

知識
  • 教養的知識
  • 文学・歴史・思想・文化などの基本的知識
  • 専攻分野の専門的・体系的知識
読解力
  • 内容を把握する
  • 情報を収集する
  • 作品や資料を読む
  • 批判的に読む
  • 内容を分析する
思考力
  • 論理的に考える
  • 自分の見解をもつ
  • 作品や資料を解釈する
  • 課題や問題点を見つける
表現力
  • 文章の基礎(レポートを書く)
  • レジュメ作成(要点をまとめる)
  • プレゼンテーション(発表する)
  • ディベート(議論する)

取得可能な資格

  • 中学校教諭1種免許状(国語・社会)
  • 高等学校教諭1種免許状(国語・地理歴史)
  • 学芸員
  • 障がい者スポーツ指導者 初級スポーツ指導員(認定資格)
  • 傾聴士(認定資格)ほか

就職・キャリアアップのサポート体制

  • 就職活動スキルアップサポート
  • 就職活動基礎対策サポート
  • 海外語学研修・海外文化研修
  • インターンシップ
  • ボランティア活動

人文学科ってどんなところ