沿革

同朋大学は、住田智見師を学祖とする「真宗専門学校」を前身とする大学で、親鸞の教えに基づく「同朋精神」を建学の精神として、「共に生きること」を学び、真の人間育成をめざす大学です。

年号できごと
1826年 名古屋東本願寺掛所内に「 閲蔵長屋 」を開設
1921年 真宗専門学校を創設
1930年 真宗専門学校研究科を開設
1949年 東海専修学院を開校
1950年 東海同朋大学を開学、仏教学部仏教学科を開設
1959年 同朋大学に改名
1961年 仏教学部を文学部に名称変更、社会福祉学科を開設
1964年 文学部に国文学科を開設
1977年 同朋学園仏教文化研究所を開設
(1992年に同朋大学仏教文化研究所となる)
1985年 社会福祉学部を開設
1986年 別科( 仏教専修 )を開設( 東海専修学院を改組 )
1994年 文学部を改組、仏教学科を仏教文化学科、国文学科を日本文学科に名称変更
いのちの教育センターを開設
1995年 社会福祉学部 ・臨床情報センターを開設
2003年 大学院文学研究科を開設
2004年 大学院人間福祉研究科を開設
2005年 文学部を改組・日本文学科を人間文化学科に名称変更
2009年 文学部を仏教学科・人文学科に改組、社会福祉学科を社会福祉専攻・子ども学専攻に改組
2015年 大学院人間福祉研究科に臨床心理学専攻を開設
2020年 大学院を人間学研究科に一本化、
新たに博士後期課程として、仏教文化分野、臨床分野を開設