教員紹介

氏名

高尾 淳子(たかお あつこ) 専任講師

自己紹介(出身地・出身校・学生時代の思い出・休日の過ごし方等)

出身は大阪市です。子ども期は、商店が並ぶ賑やかな街で過ごしました。
学生時代はグリークラブに所属し、皆で声を合わせてハーモニーを創る時間を楽しみました。
趣味は旅行です。国内や海外に頻繁に出かけ、人々とのふれあいを通じて多文化理解を進めています。

専門・研究分野

専門分野は、インクルーシブ保育です。
研究テーマは「インクルーシブ保育実践者の人材育成」です。
保育者の現任研修を通じて、職場を活性化し学び合いの風土をつくる手法「保育KI(Knowledge Intensive Staff Innovation)」を紹介しています。

学びの紹介

「保育原理」科目を担当しています。
授業では、子ども観(子どもとは?)や保育者観(保育者とは?)、保育観(何を重視して子どもを育てるの?)について共に考えます。
主体的に考えて学修を進める過程で、学生の子ども観や保育者観、保育観は随時更新されていきます。

学生・受験生に一言

大学卒業後、皆さんはどの業界で活躍したいですか?得意なことが生かせる仕事に就けるとよいですね。
保育・教育業界はもちろんですが、他の業界での活躍を希望する人にも、子ども学の知識は活用できます。ぜひ一緒に学びましょう。
「学修時間」と「楽しめる時間」とを組み合わせて、充実した4年間にしましょう。

業績

  • 『インクルーシブ保育実践者の人材育成法に関する研究 ‐職場を活性化し学び合いの風土をつくる「保育KI」の開発を通して‐』 2018年度 放送大学 博士論文
  • 「アイルランドにおけるインクルーシブ保育 ‐OECDのStarting Strongに基づくアイルランド幼児教育改革に着目して‐」 『同朋福祉』 48(26) pp.121-145 ,同朋大学社会福祉学部,2019年
  • 「保育におけるKI活動HOIKU-KIの適用可能性の検証」 『教育実践学研究』 17(1) pp.1-12 ,日本教育実践学会,2017年
  • 「インクルーシブ保育推進の視点からみる保育三団体の研修事業の変遷‐全国組織と地方組織の役割の検討‐」 『同朋大学論叢』第101号, pp.1-19, 同朋大学学会,2017年
  • 『子どもの主体性を育む 保育内容総論』 (共著) みらい, 2018年【著書】