教員紹介

氏名

服部 仁(はっとり ひとし) 特任教授

自己紹介(出身地・出身校・学生時代の思い出・休日の過ごし方等)

生まれも育ちも名古屋です。学生時代だけ東京で暮らし、また名古屋に舞い戻りました。
ミュージアム(博物館・美術館)へ行ったり、観劇をしたり、古本屋へ行ったりしています。

専門・研究分野

日本近世文学と、それに関連した浮世絵や出版文化が専門です。
江戸時代の文学は、政治、経済の影響が大きいので、すべてを知らなければなりません。

学びの紹介

主に基礎科目(くずし字)や、書誌学を担当しております。 その上で、現代に繋がる江戸時代の文学に親しみましょう。

学生・受験生に一言

学生時代は、長いようで短いです。いろいろな人と出会って話しをし、様々な体験(アルバイト・恋愛etc.)をしてみましょう。

業績

  • 『曲亭馬琴の文学域』若草書房、1997年(単著)
  • 『新日本古典文学大系87開巻驚奇侠客伝』岩波書店、1998年(共著)
  • 『八犬伝の世界』千葉市美術館、2008年(共著、監修)
  • 『児雷也豪傑譚』国書刊行会、2015年(共編・校訂)
  • 『八犬伝錦絵大全』芸艸堂、2017年(単著・監修) など