教員紹介

氏名

古川 桂(こがわ かつら) 専任講師

自己紹介(出身地・出身校・学生時代の思い出・休日の過ごし方等)

岡山市出身です。
学生時代には友人と博物館めぐりをしていました。今は半分仕事になっていますが、旅行先でもかならず博物館に足を運びます。

専門・研究分野

エジプト学(古代エジプト史)が専門です。現在はエジプト西方砂漠にあるオアシスにおいて、外国の支配者たちがエジプト文明を継承しつつ、オアシスを発展させた過程を研究しています。

学びの紹介

「外国史(西洋)」や「欧州文化史」など、主に西洋史分野を担当しています。西洋の歴史から現在につながる欧米の文化や社会を学んでいきます。
人文学は「知の創造」を行う学問です。そこに必要なのが「不易流行」です。「不易」とは何か、過去の人々が残したものから一緒に探って行きましょう。

学生・受験生に一言

さまざまな本を読んで、文字の向こうにある世界を想像してみてください。その想像の積み重ねは、創造につながります。

業績

  • 「古代エジプトにおけるハルガ・オアシスの開発−神殿立地の観点から−」『同朋大学論叢』第102号、2017年(単著)
  • 上田耕造、入江幸二、比佐篤、梁川洋子編著『西洋の歴史を読み解く−人物とテーマでたどる西洋史−』晃洋書房、2013年(共著)