2019年9月7日(土)、8日(日)『愛知大学野球リーグ(2部)秋季リーグ戦』3戦目、4戦目が開催されました。

結果は以下の通りです。

 

9/7(土) vs 名古屋商科大学 @名古屋商科大学グラウンド

名古屋商科大学 1 - 4 同朋大学

 123456789HE
名古屋商科大学 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0
同朋大学 0 0 0 0 1 2 1 0 X 4 13 1

 

 

9/8(日) vs 名古屋商科大学 @名古屋商科大学グラウンド

同朋大学 3 - 1 名古屋商科大学

 123456789HE
同朋大学 1 1 1 0 0 0 0 0 0 3 8 1
名古屋商科大学 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 4 1

 

 

久保田&馬渕の2枚看板で、リーグ戦3連勝! 通算成績3勝1敗で2位タイに!!

aS 133873685

aS 133873690

aS 133873691

aS 133873680

 

 

9.7 Sat. エース・久保田が2試合連続の完投!秋季リーグ2勝目をマーク☆

aS 133873677

「調子はあまり良くなかったですが、粘り強く投げられたことが良かったです。日曜日の試合は、歩空(馬渕歩空 投手)が素晴らしいピッチングを披露してくれました。野手陣も良い雰囲気で試合に入っていました。次に繋がる良いゲームでした。」

aS 133873678

2試合連続で完投(1戦目は完封勝利)し、チームに勝利をもたらした久保田淳希 投手(名市工)

 

 

9.8 Sun. “右のエース” 馬渕歩空 大学野球 初勝利!秋季リーグ3連勝!

aS 133873676

aS 133873682

「開幕戦で悔しい思いをしたので、勝つことができて良かったです。初回から野手の皆さんに点を取っていただき、リリーフの久保田さんにも助けられました。チーム全員で掴み取った1勝です!」

aS 133873688

aS 133873692

aS 133873689

急成長を遂げている馬渕歩空 投手(帝京大可児)

念願の大学野球・リーグ戦初勝利を挙げた。

観戦に訪れたOBも「俺たちの知っている歩空ではない…。」と驚きの声を上げた。

今後の成長次第ではNPB入りも狙える逸材。チーム待望の“右の本格派”誕生の予感。

 

 

 9.8 Sun. 攻撃を牽引した新キャプテン・橋本大地

aS 133873686

aS 133873681 

「同朋らしい形で先制し、追加点も取れました。守備でも馬渕、久保田さんによる盤石のリレーで最少失点に抑えることができました。完勝です!」

aS 133873687

好調なチームを引っ張る新キャプテン・橋本大地 選手(小松大谷) 

 

 

9.8 Sun. 好調な投手陣を“操る” 上地ケンジ

aS 133873684

aS 133873683

チームの快進撃を支える上地ケンジ 選手(藤枝明誠)

「真っすぐ(ストレート)中心にリードしました。ピッチャーの持ち味を活かすため、軸であるストレートで相手打線を押していきました。チーム全体としては、開幕2戦目の至学館大戦で勝てたことで、3戦目、4戦目は攻守ともに落ち着いていたと思います。(途中ピンチを迎える場面があり)慌てていたのは僕だけでした。(笑)」

 

 

9.8 Sun. チームの完成度に確かな手応え 馬渕隆雄 監督

aS 133873679 

リーグ戦、3勝1敗と上々のスタートを切ったチームを率いる馬渕隆雄 監督。

親子鷹で共に戦う馬渕歩空 投手ら投手陣の奮闘ぶりに目を細める。

「次も勝たせます!」と力強いコメント。

 

 

次戦は2部リーグ屈指の『矛』と『盾』の争いに… 攻撃力のある 愛知産業大学 戦

S 133947395

次戦は、4試合で42安打・28得点。2部リーグ屈指の攻撃力を誇り、4勝負けなし現在首位を走る愛知産業大学との試合。

投手陣が安定してきた同朋大学との戦いはまさに『矛』×『盾』の争い。

戸田大介 総監督は、「ここを勝ち切れば自ずと見えてくる。」と『優勝』という言葉こそ明言しなかったが、その視界は良好だ。

山場となる2連戦も、久保田淳希 投手と馬渕歩空 投手の先発が予想される。