いのちの村出張講義

同朋の「知」を、広く社会に問い、社会と共有するために
より親しみやすい、社会に役立つ「知」のあり方を求めて

長い歴史の中で培ってきた同朋大学の知的資産を、地域の皆様やさらに、社会共有の財産として生かしていただくことを目的として、同朋大学教員による「出張講義」を行ないます。

受付期間 2019年7月1日から2020年3月31日まで
費用 〔講師謝礼〕 1講義10,000円 60~90分程度
〔交通費〕 同朋大学(名古屋市中村区)を拠点に出張先までの実費(公共交通機関)
※出張講義終了後、大学より請求書を送付します。
全体の流れ ① 下記の「出張講義申込みフォーム」にアクセス
② 必要項目を入力後、送信
③ 教員に日程等確認後、主催者に可否の連絡
④ 講義の詳細打ち合わせ(資料・機材の有無等)
⑤ 出張講義の実施
その他 ・お申込みの講義の目的が「いのちの村」の理念と合致しないと考えられる場合、お断りする場合があります。
・教員の都合により、ご希望に沿えない場合があります。
お問い合わせ 連絡先 〒453-8540 愛知県名古屋市中村区稲葉地町7-1
TEL:052-411-1113(代表)FAX:052-411-0333
Eメール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

講義テーマ一覧

※【学科略称】仏:仏教学科 / 人:人文学科 / 社:社会福祉学科社会福祉専攻 / 子:社会福祉学科子ども学専攻

学科:講師テーマと内容
仏:伊東恵深 【テーマ】
親鸞の生涯と教え
【内容】
浄土真宗を開かれた親鸞聖人(1173-1262)の生涯と、聖人が説かれた教えについて、基本的なことからお話しいたします。親鸞聖人の生涯と教えを学ぶことを通して、私たち自身の足もと(よりどころ)を見つめ直す機会にしたいと思います。
仏:蒲池勢至 【テーマ】
現代社会における葬儀と墓」
【内容】
現代において、終活、葬儀をどうするか、仏壇や墓終いの問題が論議されている。家族葬や樹木葬、室内墓苑もある。これから日本人の葬儀や墓はどうなるのか。民俗学の視角からお話しする。
人:金山泰志 【テーマ】
 「近代日本人の中国観」
【内容】
 「相手の姿をどう見るかは、自分の姿の反映でもある」。情報化社会やグローバル時代にある現代、自国の「他者認識」の問い直しはこれからの国際社会を生きていく上で重要な課題です。その問い直しを行う上で、現代の国際社会において強い存在感を示し、日本との政治的・経済的関係からも重要な存在である中国を取り上げ、近代日本の人々がその中国をどのように評価していたのかを見ていきたいと思います。
人:深町悟 【テーマ】
 サキが描く愛国心
【内容】
 短編小説の名手として知られる英国のサキ(1870-1916)が晩年に書いた長編小説『ウィリアムが来た時』は、第一次世界大戦前に発表された、ドイツに英国が支配されるという内容のフィクション作品である。この作品は愛国心という複雑で、どの時代でも問題となりうるテーマを多面的に、また、巧みな皮肉を織り交ぜながら扱っている。ドイツの支配を受け入れる人、英国から出ていく人、何もせずにただ不満抱く人など、それらを愛国心の発露とみることもできれば、その逆にみることもできる。そんな不確かな感情をテーマに島国の敗戦を描くこの作品は、日本人に訴えかける面も大きいだろう。
人:森村森鳳 【テーマ】
1.親鸞と現代
2.『三国志』の名脇役たち
【内容】
1.親鸞の視座から歴史を捉え直す。
2.『三国志演義』の最も魅力的なところは、千人以上の登場人物の人生が生き生きと描かれた「人間博物館」といわれるところにあります。『三国志演義』を通して、人間・歴史・社会・人生を学ぶ。
社:小沢日美子 【テーマ】
サイコドラマでソーシャルワーク-クロスカルチャー・コミュニケーションを体験しよう
【内容】
人は、それぞれに異なる文化的な背景をもち生活しています。今回は、サイコドラマの理論を基軸としながら、いくつかのワークを行い、自分自身の心の世界の多様性について体験的な理解を進めていきたいと思います。そして日常と非日常の交差領域において生まれる気づき・発見をお互いに分かち合い、新しい明日への一歩となる時間をともに想像して行くことができたらと思います。
社:下山久之 【テーマ】
地域における回想法の実践-介護予防、地域づくり、認知症ケアの視点から-」
【内容】
本講座は、介護予防、地域づくり、認知症ケアに関心のある方を対象とします。内容は、前半に回想法の基本的な実施上のルールおよび地域における回想法の実践を紹介します。後半は、回想法を体験していただきます。回想法とは、懐かしい思い出話を語り合い、今これからの生活を豊かに過ごす方法です。ぜひ、ご一緒に思い出話に華を咲かせてみませんか。
社:鈴木淳子 【テーマ】
看取り・ターミナルケア
【内容】
わが国では、高齢者の増加により死亡者数が非常に多くなり、人口が少なくなっていく多死社会を迎えようとしています。利用者さんの看取りを行うことは、重要な福祉の仕事の一つになりつつあります。看取りに必要な介護力(知識・技術など)についてお話します。そして、延命治療についても、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
社:村上逸人 【テーマ】
 介護現場の外国人
【内容】
 共に働く仲間として、外国人介護職員を受け入れるときに、注意すべきポイントについてお話しします。特に、介護現場での実習時に気を配る点や、彼らの困りごとのほか、利用者とのコミュニケーション指導について留学生を受け入れている大学の立場からお話しします。
社:吉田みゆき 【テーマ】
紹介します! SST(社会生活技能訓練)
【内容】
SSTとはSocial Skills Trainingの略で,認知行動療法の一つに位置付けられる新しい支援方法です.現在では医療機関,障害福祉サービス事業所,矯正施設,学校等さまざまな場所で実践されています.本講義ではSSTについてご紹介し,皆様のご要望に合わせて一緒に体験してみたいと考えております.
社:渡邊幸良 【テーマ】
日本の社会保障
【内容】
私たちは、自由な生活を営むために働いていますが、いつも健康であるとは限りませんし、年を取って若い時のようには働けなくなってゆきます。また、景気や産業構造の変化によって、低賃金になったり失業したりするかもしれません。このような個人の責任や努力だけでは対応できない事柄に対して、必要な生活保障をおこなうのが社会保障です。本講義では、生活保障としての社会保障を分かりやすく理解します。
子:疇地希美

【テーマ】
「絵本と音楽」
【内容】
その1:絵本の音楽会
幼児向け、乳児と保護者、大人向けなど対象に合わせた演目でクラシック音楽を絵本に用いた音楽会をいたします。ソプラノ、ピアノ、チェロと様々な打楽器を用いた演奏になります。会場の皆様も参加するコーナもあります。
その2:保育者・保護者向けワークショップ
絵本の持つ音楽性について考え、実際に声に出して読む方法を模索しながら絵本の音楽的な楽しみ方について学びます。いつもとは違う絵本の読み聞かせ、あるいは、音楽遊びのきっかけとしての絵本の活用法を学びます。

子:石牧良浩 【テーマ】
「ストレス対処法と心の健康維持について」
【内容】
私たちは、ストレスに対して、ふだんどのような対処方略を使っているのでしょうか。それらの分析を行い、ストレスと上手に付き合い、心の健康を維持していく方法を考えます。最近の考え、資料などをもとに、できるだけわかりやすく、興味深い内容にしたいと考えています。
子:藤林清仁 【テーマ】
育ちの根っこ-子育て・療育・つながる支援-
【内容】
障害のある乳幼児とその家族を支える地域療育システムについて紹介します。乳幼児健康診査を中心とした保健所や保健センターの関わり、子育て支援としての「親子教室」、療育を行う児童発達支援センター、障害のある子どもを受け入れている保育所や幼稚園、認定こども園の役割や課題について紹介します。
子:高尾淳子

【テーマ】
1.「しなやかで強い保育チームの作り方」
2.「保育者のための英語あそび」
【内容】
1.保育職場の風土を活性化し、職場内研修として活用可能な手法「保育KI(ケーアイ)」を紹介します。保育KIは、初任保育者から熟練保育者までが職務経験年数にとらわれることなく気づきを共有し、知恵を出し合うことによって、一人一人が自信とやりがいをもって仕事に向かうようになることが期待できる人材育成の手法です。この活動を通じて各保育者がもつ多様な特技や知恵を結集することにより、社会の要請にしなやかに対応でき、困難に直面してもあきらめずに進む強い体制を保つことができる、しなやかで強い保育チームづくりを進めます。
2.園児といっしょに英語で遊ぶ先生のための講座です。講師は、幼稚園や保育園等に出向いて、身近なものを題材にした英語あそびの指導法を紹介します。日本と海外とでは、子どもが親しんでいる人々や場所、食べ物、遊び、歌、玩具などが、どのように違うのでしょうか。英語での楽しいあそび体験を通じて外国語に親しむと同時に、異文化理解を深めましょう。

いのちの村 出張講義申込フォーム