文学部
仏教学科

panel literature

仏教と現代社会の関係を学び、自分や人間の存在意義を考えます。

仏教を学ぶことは、仏教の知識を得ることだけにとどまらず、“人間を学ぶこと”です。
仏教の真理=法(ダルマ)の中に自分という存在を置き、自分について、人間そのものについて考えることなのです。
仏教学科では、自らの存在について、現代社会における医療、人権、現代思想などの諸問題との関係性を意識しながら学んでいきます。そして、仏教の役割・課題と人間の生きる意味を見いだしていきます。


こんなあなたに

  • □仏教を学び社会で活かしたい。
  • □人として道を追求したい。
  • □実家のお寺を継ぎたい。
  • □仏教を深く学びたい。

こんなお仕事

  • ●住職     ●研究者
  • ●開教使    ●教員
  • ●宗門関係職
  • ●一般企業
  •  

仏教学科の4年間

buddhism4 years

仏教を通じて人間らしさとは何かを見つめ現代社会の諸問題に取り組んでいける人間を育てる。

文学部仏教学科のカリキュラムは、親鸞聖人の視座を根底に置きつつ、広く仏教の思想・歴史・文化、そして現代社会と仏教の関わりを学びます。

btn 01

仏教学科の特徴

学びの幅が広がる自由なカリキュラム選択

親鸞によって顕かにされた仏教を主体的に学ぶ「真宗学コース」と、現代社会の問題意識を大事にしながら、世界と日本の仏教思想とその歴史の意義を総合的に探究する「仏教文化コース」の2コースを設けています。学生のニーズに沿って自由度の高いカリキュラムの組み立てができ、それぞれの能力や考え方にふさわしい学びができるように配慮されています。

内容の濃い講義を実現する少人数教育

ゼミ(演習)や講読はもちろん、講義でも少人数教育が徹底されており、教員と学生の距離が近いのが特徴です。親鸞の教えを単に教理として学ぶだけでなく、実践的な人間の救いを課題とする仏教学科では、教えるものと教えられるものに距離があっては成り立ちません。教えるものもまた、ダルマに学ぶものなのだということを、常に意識しながら指導にあたっています。

sub panel sin
sub panel buddhist culture

海外の歴史遺産を訪ね仏教文化を肌で体験

dummy640400

仏教が花開いたインド、中国、アジアの国々を訪れる海外文化研修を実施。2012年度は、中国独自の仏教展開を北京から雲崗、五台山、太原、西安へと巡り。2014年度は、仏教発祥の地でアジャンター、エローラの遺跡や博物館を訪問しました。海外の仏教文化に触れられるまたとない機会です。

約200年にわたり収集した仏教の実物史料に学ぶ

640buddhism toku 2

200年近くにわたり、浄土真宗・仏教文化に関する史料の収集・調査・研究を続けてきました。古代の法隆寺一切経をはじめ古典籍類、中世の名号・本尊類、近世の民衆信仰史料、「歎異抄」史料など、学内には多数の実物史料が所蔵されており、学生が間近で見て学べる機会を設けています。

地域と交流しながら実践学習で多くを得る

640buddhism toku 1

学びは、教室の中にとどまりません。研修施設「知文会館」では、誰でも参加できる「真宗講座」も開講。親鸞の『歎異抄』の各条を取り上げています。学生も参加し、勤行の調声や法話に取り組んでいます。公開講座や連続講座も開催。講座に参加された地域の方と学生との交流が生まれています。

仏教の格言

buddhism lecturer
伊東 恵深 准教授

人生は長さのみではない。
幅もあれば、深さもある。


これは、親鸞聖人の教えに出遇われた金子大栄という方の言葉です。
健康で長生きできることは幸せです。しかし、人生を本当に豊かにするのは、一生のなかで誰と出会ったか(幅)、また何を学んだか(深さ)、ということではないでしょうか。
親鸞聖人の教えを学ぶということは、自分自身を学ぶということです。
人生について、一緒に考えてみませんか。

仏教学科
教員一覧

  • 瀬尾 顕證 客員教授(声明概要)
  • 蒲池 勢至 特任教授(日本文化史〈民俗学〉)
  • 中村 薫 特任教授(仏教と人権)
  • 安藤 弥 教授(真宗史Ⅰ)・学科長
  • 田代 俊孝 教授(教行信証講読演習)
  • 福田 琢 教授(仏教学概論)
  • 伊東 恵深 准教授(宗教と人間〈親鸞と現代〉)
  • 市野 智行 専任講師(教化学概論)
banner img01
banner img02
banner img03