文学部 仏教学科

広く仏教の思想・歴史・文化を学び「人が生きる意味」を考えていく。

仏教を学ぶことは、単に仏教の知識を得るだけでなく、「人間とは何か?」「私が本当に人間として生きていくとはどういうことか?」を深く考えていくことです。
親鸞が開いた浄土真宗を中心に仏教を学びながら、自己と社会との関係性を考え、真理を探求します。

文献読解から現代社会の諸問題へ

経典をはじめとする文献史料をしっかりと読み込む力を養います。さらに生命倫理・平和・人権などさまざまな現代社会の諸問題について、仏教の視点から深く考察し、実践的に取り組んでいきます。

実物資料に学ぶ、海外文化研修の機会も

学内にある仏教文化研究所は40年の長きにわたり真宗史・仏教文化の研究調査、資料収集を続けており、所蔵する実物資料を間近に見て学ぶ機会があります。海外文化研修では、インド・中国・東南アジアなどの仏跡を訪れて学びます。

地域交流と実践学習

教室で基礎を学びつつ、さらに知文会館(名古屋駅近くの学生研修・聞法施設)での「真宗講座」などをはじめ、さまざまな公開講座を開催し、地域から多数のご参加をいただくなかで、学生たちが勤行や法話実習などさまざまな実践学習を行います。

仏教学科
仏教学科
仏教学科

Course Introductionコース紹介

真宗学
真宗学

親鸞の生きざまや教えのなかに、現代を生き抜く力が見出せる。

仏教文化学
仏教史学

仏教の歴史をたどりながら、これからの仏教を教えていく。

Exchange studies & Experience主な交流学習・体験

海外の歴史遺産を訪ね仏教文化を肌で体験
dummy640400

海外の仏教文化に直接ふれることのできる、またとない機会です。


内容

仏教が花開いたインド、中国、アジアの国々を訪れる海外文化研修を、授業として実施しています。中国に行った時は、インド伝来の仏教が、漢民族の文化と出あい、融合し、中国独自の仏教として展開していった様子を、寺院や仏像を通して感じとるために、北京から雲崗、五台山、太原、西安へとめぐりました。仏教発祥の地、インドへ行った時は、アジャンター、エローラの仏教遺跡や博物館を訪問したり、釈尊成道の地ブッダガヤなどの仏跡をめぐったりしました。海外文化研修は、海外の仏教文化にふれることのできる、またとない機会です。

約200年にわたり収集した仏教の実物史料に学ぶ
640buddhism toku 2

学生ができるだけ実物史料を間近で見て学べる機会を設けています。


内容

本学のもととなる「閲蔵長屋」が1826(文政9)年に開設されて以来、200年近くにわたり、浄土真宗・仏教文化に関する史料の収集・調査・研究を続けてきました。学内には多数の実物史料が所蔵されており、図書館にある古代の法隆寺一切経をはじめとする古典籍類、仏教文化研究所にある中世の名号・本尊類、近世の民衆信仰史料など、その内容も多岐にわたります。『歎異抄』関係の史料・書籍収集も特筆されます。さらに、仏教文化研究所による年2回の企画展示(Doプラザ閲蔵のギャラリーで開催)など、学生ができるだけ実物史料を間近で見て学べる機会を設けています。

地域と交流しながら実践学習で多くを得る
640buddhism toku 1

地域のさまざまな方の参加によって学生と年齢を越えた交流が生まれています。


内容

本学の学びは、教室やキャンパスの中にとどまりません。名古屋駅西口近くにある大学の研修・聞法施設「知文会館」では、社会に向けて誰でも気軽に参加できる「聞法(仏の教えを聴くこと)の場」を設け、毎月29日には「真宗講座」を開講。親鸞の教えを記した『歎異抄』の各条を取り上げています。そこへ学生も参加し、勤行の調声(最初の発声、鈴打ち)や法話(仏教の話)に取り組んでいます。また、外部講師を招いての公開講座のほか、東日本大震災チャリティー企画として仏教学科専任教員による連続講座も開催しています。こうした講座には地域のさまざまな方が参加してくださるので、学生と年齢を越えた交流が生まれています。

仏教学科ってどんなところ?

在学生の声

藤

仏教学科

藤 光祐(ふじ こうゆう)さん

PROFILE

宗派の関係で進学する大学の選択肢が少なかったが、雰囲気があたたかいことから同朋大学への進学を決意。
北海道旭川市にある実家を継ぐために猛勉強の毎日。さまざまな考えを持っている友だちから学ぶことも多い。

藤

仏教の教えを実践する学習内容

授業の内容は仏教の教えや歴史、儀式作法など、お寺を継いだ時に必要となることばかり。「ひと時も無駄にできない!」と考えて真剣に学んでいます。また、先生方や先輩、後輩など、いろいろな人と関わり、それぞれの考え方に触れられるのもこの大学の良さだと思います。友だちとはお互いの将来に対する不安や焦りを相談し合えますし、気さくな先生方にいろいろなことを話せる雰囲気もあります。こういったあたたかさが仏教を伝えていく自分の未来につながっていくのだと思います。


OB・OGの声

鈴木

法務員

鈴木 博之(すずき ひろゆき)さん

PROFILE

愛知県稲沢市にある寺院に法務員として勤務。趣味はドライブで、川沿いを走るのが好き。「お寺でお勤めさせていただくようになってから、それまでと比べて気候や季節の変化をより感じるようになりました」と語る。

鈴木

人生の大切さを学びました

法務員として、お勤めをさせていただいたり、お寺の事務の一部をさせていただいたりしております。同朋大学では座学や実習、部活などでたくさんの方々と関わりながら仏教について学びましたが、その学びは現在も続いています。自分自身の生活の中で真宗や仏教について学べるのはありがたいことだと思います。また、ご門徒さんとの関わりの中で知らないことを教えていただいたり、励ましていただいたりもします。人生は毎日が勉強だと言いますが、本当にその通りだと実感しています。

TOPICSトピックス

05

TOPICS.01

海外文化研修

インド、スリランカや東南アジア、シルクロードや中国など、仏教がひろまった諸国・諸地域を実際に訪れ、現地に残る史跡や現代に生きる仏教のありようを実見して学びます。仏教だけでなく、海外の文化を目の当たりに見るのは得難い経験になります。学生だけではなかなか行けないところに行けたり、日本ではありえない体験!?ができたり、これまでの価値観や人生観が変わっていくような貴重な学習機会です。ぜひ一緒に出かけましょう。

06

TOPICS.02

実践的な学び

学内には貴重な歴史的資料も豊富にあり、それらに触れながら学ぶことができます。真宗大谷派教師課程室では、お経の読み方や、儀式作法を実践的に学習できます。さらに学外の研修施設では、公開講座を行う中で学生が勤行の発声や法話を行うといった現場実習の機会もあります。儀式作法についてはさらに専門家による特別指導があり、またビハーラ活動やグリーフケアなど、現代社会に即した現場の学びもあります。

Faculty教員一覧

仏教学科 教員一覧

  • 蒲池 勢至 特任教授
    (日本文化史〈民俗学〉)
  • 安藤 弥 教授
    (真宗史)
  • 福田 琢 教授
    (仏教学概論)
  • 伊東 恵深 准教授
    (浄土三部経講読演習)
  • 市野 智行 専任講師
    (基礎演習Ⅲ・Ⅳ)

仏教学科の4年間