文学部 仏教学科 仏教史学

仏教の発祥地であるインドからアジア諸地域、
そして日本に根付く仏教文化・思想の歴史的実態を探求します。

教授

福田 琢(ふくだ たくみ)先生

仏教思想の変遷とその歴史を学び、豊かに生きる人間の営みを考える

お寺で修行するのも、お葬式の導師をするのも、由緒ある寺院や仏像を訪ねてまわるのも、経典を読んだり写経したりするのも、すべて仏教です。では大学の教室でしか学べない仏教とは何か。それが「仏教学」です。この学科では仏教という私たちになじみのある伝統宗教について学び、「私たちとは何か」について考えることで、「理解する」「考える」「コミュニケーションする」のに必要な「教養」を身につけていきます。 「学んだことをなにか世の中に役立てたい」や「将来の自分のためになることを身につけたい」という大仰なものではなく、「物事をもう少しじっくり根本まで遡って考えてみたい」と考えている人と共に歩んでいければと思っています。

学びの特徴

仏教学科

発祥地インドからアジア諸地域、日本へと伝わった仏教の歴史的なありさまと、日本仏教の歴史的特徴を各地域と比較しながら探ります。また仏教 の現代的実態を捉えながら、その社会的役割やこれからのあるべき姿を探求します。仏教の誕生、教学の発展、大乗仏教思想の展開など、仏教の基礎知識を学びます。また仏教漢文からサンスクリット語やパーリ語、古文書の読解など仏典・文献を読み込む力を身につけ、そこに記された「人間としての生きる力」を見出します。


(左)仏教学科2年 藤 光祐
北海道・北海道東川高等学校出身

実家がお寺ということもあり、この学科を選びました。今まで知らなかった世界を学べることが何より面白いです。


(中央)仏教学科2年 安藤 和也
愛知県・岡崎城西高等学校出身

これからの時代に仏教やお寺はどうあるべきか、何をするべきか。それを授業で学び、深く考えていきたいと思います。


(右)仏教学科2年 泉野 龍雅
愛知県・桜丘高等学校出身

仏教の歴史や、昔の宗教家たちの考えを学ぶことで、いろんな角度からものを見ることが大切だと気付きました。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 真宗大谷派教師資格
  • 中学校教員(宗教)、高等学校教員(宗教)
  • 学芸員
  • 傾聴士(大学認定資格)

歩む未来

  • 僧侶(寺院住職など)
  • 宗教関係職(真宗大谷派宗務役員、別院職員など)
  • 中学・高校教員、一般企業など