文学部 仏教学科 真宗学

「本当に人間として生きること」とはどういうことか、
親鸞が開いた浄土真宗という仏教により学んでいきます。

専任講師

市野 智行(いちの ともゆき)先生

年齢や立場を超えて、共に考え、共に学ぶ

仏教学科では一年生からゼミ形式の演習授業を設けています。自ら意見や思い、そして学びの成果をアウトプットする場が数多くあるため、濃密な学びができます。また、「講読演習」と名のつく授業科目も多く取り揃えています。「講読」とは「内容をよく確かめながら読む」という意味。分かったことにして先に進んでいくのではなく、疑問に思ったことは一つひとつ確認しながら着実に進みます。学生を置き去りにして進めていくような授業はしません。さらに「教化学」という「仏教を現代のさまざまな問題課題に照らし合わせながら共に学んでいく」という学びの特徴があります。学生同士が、また、学生と教員が「共に」学んでいきます。仏教学科では、高校を卒業してそのまま進学する方はもちろん、もともと寺院で生まれ育ち、40代を過ぎてから真剣に仏教を学ぼうと志された方、仕事に区切りをつけ、新たな歩みの中心に仏教を求め、学びに来られる方など、幅広い年齢層の方々が学んでいます。さまざまな縁を感じながら、共に成長していきましょう。

学びの特徴

仏教学科

浄土真宗を開いた親鸞の教えを深く受けとめ、宗教・平和・人権・生命倫理など現代社会の諸問題と向き合いながら、学びを深めていきます。「共に仏の教えを学ぶ」教化学を通じ、「人間とは何か?」「人間とはどう生きるべきか?」という課題を親鸞の生きざまに学び、自らの生きざまを問い直していきます。少人数制で、教員と学生との距離が程よく近く、中身の濃い学びができます。演習(ゼミ)での文献学習のみならず、真宗大谷派教師資格履修者は、勤行の調声や法衣の扱い方、法話の実習などに取り組みます。


(左)仏教学科2年 藤 光祐
北海道・北海道東川高等学校出身

実家がお寺ということもあり、この学科を選びました。今まで知らなかった世界を学べることが何より面白いです。


(中央)仏教学科2年 安藤 和也
愛知県・岡崎城西高等学校出身

これからの時代に仏教やお寺はどうあるべきか、何をするべきか。それを授業で学び、深く考えていきたいと思います。


(右)仏教学科2年 泉野 龍雅
愛知県・桜丘高等学校出身

仏教の歴史や、昔の宗教家たちの考えを学ぶことで、いろんな角度からものを見ることが大切だと気付きました。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 真宗大谷派教師資格
  • 中学校教員(宗教)、高等学校教員(宗教)
  • 学芸員
  • 傾聴士(大学認定資格)

歩む未来

  • 僧侶(寺院住職など)
  • 宗教関係職(真宗大谷派宗務役員、別院職員など)
  • 中学・高校教員、一般企業など