社会福祉専攻
心理学コース

社会福祉専攻 心理学コース

心理面から福祉の世界を支える専門家をめざす。

学びの特徴

人の心のプロとして福祉的アプローチを学ぶ

心理面支援の役割は、福祉分野でも拡大しています。心理学コースでは、心理学の基礎と応用、カウンセリングの理論と技術を身につけた認定心理士をめざすとともに、子どもから高齢者、障がい者・障がい児や家族に対しての福祉的アプローチを学び、実践の場で活用します。

心の問題や人間関係に明るい、求められる専門家へ

同朋大学の履修を通して、日本心理学会の認定する認定心理士資格を取得できます。現代では家庭や職場、地域など多様な環境のなかで、一人ひとりの心の問題、人間関係の問題が浮き彫りとなり、専門的な対応が必要とされています。認定心理土には多彩な活躍の場があります。

多種多様な活躍の場、さらにステップアップも

認定心理士は、福祉・教育・保健・司法・矯正分野の相談員、また企業でのメンタルケアなど幅広い活躍の場があります。また大学院へと進み、より専門性を高めた臨床心理士へのステップアップや、他の資格との連携など、さらに高度な心理学スキルを活用することもできます。

適切な支援につながる独自認定資格「傾聴士」

同朋大学独自の認定資格「傾聴士」も履修を通して取得できます。「傾聴」とは問題を抱える対象者を受け入れ、対象者の心に寄り添うコミュニケーションのあり方です。「傾聴」によって対話を促進し、明確に問題を把握することで、対象者に適切な支援を行うことができます。

PICK UP授業

心理学実験

心理学実験

認知・行動、発達・教育、人格・臨床、社会・産業の各分野の実験を通して、心理学の実験の方法論や、データの扱い方についての理解を深め、自身が論文を書く際に応用できるようにする授業です。3週間ごとにテーマを変えて実験を行います。自発的な態度で実験に取り組むことが必要であり、各自に創意工夫が要求されます。

PICK UP授業
学びが深まり、
新しい発見もありました。

YG性格検査やカウンセリング、長期・短期記憶等について実験しました。他の講義で学んだ心理を実際に実験でき、学びが深まりました。実験の方法もさまざまで、「こんなやり方もあるのか!」という意外性もありとても面白かったです。

早川 由惟さん
愛知県・星城高等学校出身

卒論テーマ
  • □大学生における自己開示と友人との良好な関係との関連
  • □社会心理学から見るインターネット(SNS)
  • □福祉現場における“動物力”の考察
  • □“高齢者”が充実した人生を送るためには
  • □障害者を親にもつ子どもの障がい受容
歩む未来
  • □カウンセラー
  • □スクールカウンセラー
    (小学校、中学校、高等学校)
  • □社会福祉士(社会福祉施設、社会福祉協議会、勤労支援機関など)
  • □中学校教員
  • □高等学校教員
  • □公務員
  • □一般企業(福祉系企業、一般企業の福祉部門) など
DOプラザ閲蔵
同朋学園大学部付属図書館
年度別シラバス検索 授業概要
同朋大学に寄付をお考えのみなさまへ