文学部 人文学科 日本文学専攻

中古、中世、近世、そして近・現代、さまざまな時代の日本の文学やことばを通して、人や社会について考えます。
国語科教員や出版関係など、国語力を活かした多彩な道が広がります。

専任講師

三川 智央(みかわ ともひさ)先生

日本の文学やことばについて学び、人や社会の本質に迫る

日本文学専攻では、中古、中世、近世、そして近・現代というように、それぞれの時代の文学を詳しく学ぶことができます。また、日本語ということばそのものに興味がある人は、国語学を専門に勉強することもできます。文学やことばについての研究を通して身につけた思考力・探究力は、さまざまな分野で活かせるはずです。文学やことばに興味がある人はもちろんですが、人や社会について深く考えてみたいという人に、ぜひ選んでいただきたい専攻です。

学びの特徴

日本文学

「文学」を通して人や社会を見つめ、自らの生き方を考える。

上代、中古から中世、近世、近現代にいたるさまざまな時代の日本の文学や言葉について、幅広く専門的に学ぶことができます。各時代の文学作品にふれ、内容を深く理解することで、人や社会の本質に迫ります。文字・言葉・文体といった国語学の視点からも、日本の文化をひもときます。
学科の学外研修では、博物館や劇場と連携し、国宝級の美術作品や歌舞伎などを鑑賞します。また、落語家などによる特別講義の機会もあり、多角的に日本の文学や文化を探究できます。多くの優れた文学作品に親しむことで、自分の考えを、的確な言葉で人に伝えていく自己表現力を身につけていきます。


日本文学専攻3年 坂垣内 瑠佳
愛知県立瀬戸高等学校 出身

やはり日本語は面白いです。日本人ですら日本語を正しく扱えているとは言い難いと思いますが、それほど奥深く難しいものだと、あらためて感じました。

PICK UP授業!

日本文学史(近現代)

明治以降の日本の文学の流れを、小説を中心に学びます。作品を、それが登場した時代や社会と結びつけてとらえることで、あらためて各作品の価値や意義について考えてみたいと思います。ぜひ、この授業を通して文学への興味を広げてください。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 中学校教諭一種免許状(国語・社会)、高等学校教諭一種免許状(国語・地理歴史)、学芸員

歩む未来

  • 中学校教員(国語・社会)、高等学校教員(国語・地理歴史)、学芸員、公務員、印刷・出版・広告関連等の一般企業、研究者、作家、コピーライターなど