社会福祉学科 社会福祉専攻

福祉の専門ノウハウと人間力で、人と社会を支えていく。

少子化問題や格差問題のある現代日本。
これからは福祉の専門知識や技術と、人々の気持ちに共感できる「人間力」が強み。
社会福祉専攻の各コースでは、現場での実習やフィールドワークを通じて実践力を養い、社会福祉をとりまく多様な問題の解決に取り組む理想的な社会づくりの担い手を目指します。

幅広い学びと資格の取得

さまざまなコースがあり、福祉関連の複数の資格取得が可能です。授業で知識を得るだけではなく、演習でコミュニケーション方法を学んだり、事例の理解を深めたり、実習を通じて現場を体験したり、幅広い学びが行えます。

福祉の現場がわかるキャリア支援講座

福祉の現場などで活躍中の本学卒業生を講師として招いて、実際の職場の現状を語ってもらう「キャリア支援講座」を設けています。自分の将来を考える大きなきっかけとなります。

活発なサークル活動

ボランティアサークルや手話サークルなど多数活動しており、高齢者・障がい者・児童、施設を支える地域の人々との継続的な交流と現場体験ができます。

Course Introductionコース紹介

社会福祉専攻ににはさまざまなコースがあり、取得できる資格も、目指せる職業も多彩です。
自分の趣味や意欲に応じて、学科・専攻の枠を超えた履歴もできます。

Card image cap
社会福祉コース

福祉の力でみんなを幸せへと導くソーシャルワーカーになりたい。

Card image cap
介護福祉コース

ケアリーダーの知識と技術を学び、介護の現場を引っ張っていきたい。

Card image cap
精神保健福祉コース

ソーシャルワーカーになって、心の病を患った人やその家族の暮らしを支えたい。

Card image cap
福祉教育コース

「福祉の心」を受け継いでくれる未来の若き担い手を育てたい。

Card image cap
心理学コース

人の「こころ」に寄り添って、支える専門家になりたい。

Card image cap
経済行政コース

社会福祉のより良いカタチを考えて、国や地域、制度や仕組みを変えていきたい。

社会福祉専攻ってどんなところ?

在学生の声

小黒

精神保健福祉コース

小黒 琴美(おぐろ ことみ)さん

PROFILE

同朋大学に進学した高校の先輩に雰囲気を聞き、「ここだ!」と感じたことがこの大学を選んだ理由。学ぶうちに、「広い視野を持ったソーシャルワーカーになりたい」という新たな目標が生まれたそう。

小黒

学びたいと思える環境です!

同朋大学は実習が多いことが魅力です。実習に行く前は緊張や不安もありますが、実際の福祉現場を経験できるので座学より学ぶことが多いと思います。アットホームな雰囲気もこの大学の良さです。友だち同士で励まし合って勉強するため、より頑張ることができますし、ゼミの先生もすごく親身になってくださいます。わからないことや実習の不安を気軽に相談できるだけでなく、プライベートなことまで話せます。目標は社会福祉士と精神保健福祉士の2つ国家資格を取得することです。


OB・OGの声

平野

社会福祉士&精神保健福祉士

平野 詩織(ひらの しおり)さん

PROFILE

精神保健福祉コースを卒業。社会福祉士と精神保健福祉士の資格を取得。NPO法人 仲間の会 あゆみ・はばたき勤務。精神障がいの方の生活支援と社会復帰までの支援を行う。趣味は登山とドライブ。特技は畑仕事、野菜作り、消しゴムはんこ作り。

平野

自分と向き合える専攻

大学時代の思い出として、精神障がい者の方の生活訓練施設や就労施設、精神科クリニックなどで実習をさせていただいたことが印象に残っています。当時は友人とよくお互いの考えをぶつけ合いました。その結果、「気の合う友だち」という形とはまた違う仲間ができました。その人たちとは今でも仕事の悩みを相談し合っています。日頃の業務の中で利用者様とお話をすると、私が考える常識が他の方の常識とは違うということがよくあります。そのたびに「この仕事は毎日が勉強なのだ」と感じます。

TOPICSトピックス

01

TOPICS.01

福祉系サークル

福祉系のサークルでは、実際の施設に訪問し、いろいろな方々とお話しをしながら福祉現場を学べます。ボランティアで高齢、障がい分野の当事者と実際に関わって福祉を楽しむ「ヘルパーサークルAction」、障がいのある方々と関わり障がいについて学ぶ「心身障害福祉研究会」、「手話サークルE.T.」など、様々なサークル活動に取り組んでいます。

02

TOPICS.02

介護実習室

介護に関するあらゆる知識や技術を修得できるよう、ゆったりとした広さが自慢の場所で様々な実習を行います。例えば、ベッド上の介護として体位変換や食事介護、車いすへの移乗介護などを学びます。訪問介護を想定して、畳上の介護もできるようになっています。そのほか、入浴実習のできる教室や調理、被服の実習ができる部屋も用意されています。

Faculty教員一覧

社会福祉専攻 教員一覧

  • 井上 薫 教授
    (児童・家庭福祉総論)
  • 小沢 日美子 教授
    (教育心理学)
  • 下山 久之 教授
    (認知症の理解)
  • 目黒 達哉 教授
    (カウンセリング論)
  • 渡邊 幸良 教授
    (社会保障論)
  • 石牧 良浩 准教授
    (心理学概論Ⅰ・Ⅱ)
  • 岩瀬 真寿美 准教授
    (教育原理)
  • 大橋 徹也 准教授
    (ソーシャルワークの方法)
  • 鶴田 禎人 准教授
    (生活と福祉)
  • 村上 逸人 准教授
    (高齢者の介護)
  • 吉田 みゆき 准教授
    (精神保健福祉の理論と相談援助の展開)
  • 汲田 千賀子 専任講師
    (介護福祉)
  • 牛田 篤 専任講師
  • 林 祐介 専任講師
    (医療ソーシャルワーク)
  • 鈴木 淳子 特任講師
    (医療的ケア)
  • 繁昌 成明 特任講師
    (発達障害児心理学)
  • 大住 誠 特任教授
    (発達と老化の理解)
  • 小島 惠昭 特任教授
    (仏教と福祉)
  • 丹羽 丈司 特任教授
    (レクリエーション理論)
  • 林 博幸 特任教授
    (社会福祉総論)
  • 牧村 順一 特任准教授
    (地域福祉の理論と方法)
  • 三橋 真人 特任准教授
    (精神保健学)
  • 江﨑 路子 客員教授
    (発達障害児の生理)
  • 田中 勤 客員准教授
    (人体の構造と機能及び疾病)