社会福祉専攻 心理学コース

子どもから高齢者、障がい者・障がい児、そしてその家族に対する福祉的アプローチを学び、
的確な支援を実践できる力を身につけた公認心理師をめざします。

准教授

石牧 良浩(いしまき よしひろ)先生

心理学の基礎と応用、カウンセリングの理論と技術を修得

学習や社会、臨床など、さまざまな切り口から人の心について理解を深めます。心理を学ぶことで、より深く相手の心に寄り添って対人援助を行うことができます。こういったことは福祉職をめざす人に求められる資質のひとつだと思います。また、心理職をめざす人にとっては、卒業後に経験を積んだり大学院に進学することで、公認心理師の受験資格を得られるのも魅力です。人の内面あるいは自分自身の内面に触れてみたいと考えている人、人と向き合うことに関心がある人に是非学んでいただきたいコースです。

学びの特徴

心理学

人の「こころ」に寄り添って、支えていける専門家になりたい。

心理学の基礎と応用、心理支援の理論と技術の取得をめざします。主な実習先は、学校や児童養護施設、病院などです。実習に出る前に、講義で臨床心理、発達心理、教育心理、精神医学などの専門知識を学びます。 また、演習では、心理面接や心理査定の方法、対象者を正確に理解し、適切に支援していくための基本的態度と共感的理解の姿勢を身につけます。卒業後、現場での実務経験を積むか、大学院に進学し、所定の授業科目を修めることによって、公認心理師試験を受験することができます。


心理学コース3年 横田 海希さん
名古屋市立中央高等学校 出身

心理学を学びたいと考えて入学しました。ボランティア活動の授業の中で、企画を作るためにグループ内で意見を出し合い、自分が何をすればいいか考えることで、主体性が身につきました。大学卒業後は、大 学院に進学して公認心理師の資格を取得し、スクールカウンセラーとして働きたいです。

PICK UP授業!

心理学概論

心理学の基礎的な概念、知識を学びます。心理学の各分野に共通する幅広い知識を得ることで、教養を深めるのと同時に、人の内面を理解していく方法について学び、私たちの心の動きを理解することを目指します。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 公認心理師〈国家試験受験資格〉
    公認心理師になるために必要な科目(大学の課程)を履修し、卒業後に実務経験を3年積む、または大学院に進学し、公認心理師になるために必要な科目を履修することで受験資格が得られます。

歩む未来

  • 学校(小学校・中学校・高等学校のスクールカウンセラー、大学の学生相談員 など)、公務員(児童相談所、家庭裁判所など)、医療機関(主に精神科、小児科 など)、福祉施設(児童、障がい者、高齢者)などの心理職 など