社会福祉学部
社会福祉専攻

panel socialwelfare csmajor

現場と密接に結びついた実践的なスタイルで学びます。

少子高齢社会、格差社会である現代日本において、社会福祉に携わる人間に必要なのは、福祉の専門知識や技術と、人々の気持ちに共感できる“人間力”です。
社会福祉専攻の各コースでは専門分野を深く学び、実習やフィールドワークで実践力をきたえながら、社会福祉をとりまく多様な問題に目を向けることのできる広い視野を養います。
誰もがその人らしく暮らせる、理想的な社会づくりの担い手を目指します。


こんなあなたに

  • □福祉の仕事に興味がある。
  • □相談援助の仕事に興味がある。
  • □お年寄りや障がい者の手助けをしたい。
  • □心理学を学びたい。
  • □開発途上国や国内の外国人などをサポートしたい。

こんなお仕事

  • ●社会福祉士  ●認定心理士
  • ●介護福祉士
  • ●NPO・NGO・国際機関
  • ●精神保健福祉士  ●公務員
  • ●教員

社会福祉専攻の
4年間

socialwelfare4 years

高い知識と高い専門性を備え 社会に貢献できる 福祉のプロフェッショナルを養成。

仏教精神に基づく「同朋和敬」を建学の理念として、広い知識と専門の学術を身につけ、併せて人格の陶冶と人類文化及び社会福祉・教育・保育・心理・国際・経済行政に貢献する人間を養成することを目的として、その実現のためにカリキュラムが組まれています。なお、学生の自主性を最大限に尊重し、体系的・総合的に学習が進められるようにコース選択制を取り入れています。
「社会福祉専攻」では、実習・演習等を通じて福祉・教育・心理・国際・経済行政の現場での実践的な学びを大切にしつつ、問題の所在を見つめる確かな目と、社会福祉専門職としての実践的な能力を獲得し、地域社会に貢献できる人を養成するためのカリキュラムが組まれています。

btn 02


社会福祉専攻の資格・お仕事ガイド

あなたの夢や思い描く未来に、つながる道があります。

社会福祉専攻にはさまざまなコースがあり取得できる資格も、めざすことのできる職業も多彩です。
学科・専攻の枠を越えた履修もできますから、興味や意欲に応じてあなたの可能性を大きく伸ばせます。

社会福祉士(国家試験受験資格)

社会福祉士

日常生活を営むのに支障がある人の福祉に関する相談に応じ、助言や指導、援助を行う専門職の国家資格です。

こんなあなたに

□福祉の知識を活かして人の役に立ちたい 
□相談をするより、相談されることが多い

ここで学べる

 社会福祉コース / 介護福祉コース /
 精神保健福祉コース / 福祉教育コース /
 心理学コース / 国際・社会貢献コース /
 経済行政コース

教員※1
(特別支援学校教諭1種/高校1種「福祉」「公民」/中学1種「社会」)

教員

特別支援学校教諭※は、障がいのある子どもに対して自立するために必要な知識や技能を教えます。
※本学では知的障がい者・肢体不自由者・病弱者の3領域で取得可能です。

こんなあなたに

□子どもと関わりたい □人に教えることが好き
□福祉の面白さを伝えたい

ここで学べる

 福祉教育コース /社会福祉コース /
 介護福祉コース /心理学コース /
 国際・社会貢献コース / 経済行政コース

公務員

公務員

公務員の仕事は公共の福祉を最大の目的としており、「人の役に立つことのできる」さまざまな種類の仕事があります。

こんなあなたに

□人の役に立ちたい  □国や地域に貢献したい
□困っている人を助けたい

ここで学べる

 経済行政コース / 社会福祉コース /
 介護福祉コース / 精神保健福祉コース /
 福祉教育コース / 心理学コース

介護福祉士※2(国家試験受験資格)

介護福祉士

ケアワーカーと呼ばれ、高齢者や身体または、精神上の障がいがある人に対して心身の状況に応じた介護を行う専門職の国家資格です。

こんなあなたに

□高齢者や障がい者の力になりたい 
□困っている人を見ると放っておけない

ここで学べる

 介護福祉コース

精神保健福祉士※3(国家試験受験資格)

精神保健福祉士

精神疾患やメンタル面の困難を抱えている人の「暮らし」をサポートする精神保健福祉領域の専門職の国家資格です。

こんなあなたに

□精神障がい者の生活をサポートをしたい 
□うつ病で休職している人の職場復帰を支援したい

ここで学べる

 精神保健福祉コース / 社会福祉コース /
 心理学コース /  国際・社会貢献コース /
 経済行政コース

認定心理士※4(認定資格)

認定心理士

日本心理学会が認定し心理学を専門に学んだ証となる資格。心の問題の援助や予防の専門家として従事します。

こんなあなたに

□人の心の動きに興味がある 
□悩んでいる人の話を聴いてあげたい

ここで学べる

 心理学コース / 社会福祉コース
 介護福祉コース / 精神保健福祉コース /
 福祉教育コース / 国際・社会貢献コース /
 経済行政コース

NPO・NGO・国際機関

NPO・NGO・国際機関

日本や海外における福祉的・社会的・教育的な問題等に精通し、臨機応変に行動のできる人材育成をめざします。

こんなあなたに

□非営利的・社会貢献的な仕事がしたい 
□発展途上国や国内の外国人の力になりたい

ここで学べる

 国際・社会貢献コース / 社会福祉コース /
 精神保健福祉コース

その他

  • 保育士資格※5
  • 福祉レクリエーション・ワーカー(受験資格)
  • 障がい者スポーツ指導者 初級スポーツ指導員(認定資格)
  • 傾聴士(認定資格)
  • 知的障害者福祉司(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
  • 児童福祉司(任用資格) ※1年以上の実務経験必要
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 社会教育主事(任用資格)
  • 真宗大谷派教師資格※6

複数取得可能な代表的な資格一覧

夢の実現を力強くバックアップする資格。社会福祉専攻は、複数の資格取得がめざせます。

社会福祉士 国家試験受験資格   精神保健福祉士 国家試験受験資格※3

社会福祉士として活躍する道と共に、精神保健福祉士への道もめざすなど、多様な進路への可能性を開いています。

介護福祉士 国家試験受験資格※2   社会福祉士 国家試験受験資格

ケアワーカーとして活躍する介護福祉士の国家受験資格取得をめざすと共に、社会福祉士として活躍する道も開けます。

社会福祉士 国家試験受験資格※2    教員免許状(中学1種・高校1種)※1

社会福祉士国家試験の受験資格取得をめざしながら、教員免許を取得できる教職課程の受講も可能です。

※注釈※

  • ※1 :成績が基準に達していない場合は、履修できないことがあります。
  • ※2 :介護福祉士国家試験受験資格(40名)の課程履修者の決定は、入学直後学内選考により行います。
  • ※3 :精神保健福祉士国家試験受験資格(20名)の課程履修者の決定は、1年次後期の学内選考により行います。
  • ※4 :認定心理士資格課程履修者(40名)が、定員を超えた場合は、2年次初めの学内選考により決定します。
  • ※5 :保育士資格課程の履修者は学内選考により決定します。
  • ※6 :本専攻では、年間履修単位数の上限や時間割編成上の理由などにより、4年間の在学では本資格を修了できない場合があります。
  •  : 各コースで主取得資格
  •  : 主取得資格と合わせ、履修の方法によって1資格まで取得可能です。〈注〉各資格とも1年次より資格科目単位を順次取得していく必要があります。

※3年次編入の場合は、主な取得可能資格が一つとなります。


社会福祉専攻で取得できる資格・免許

主な取得可能資格・免許一覧:社会福祉学科 社会福祉専攻

主な取得可能資格・免許一覧:社会福祉学科 社会福祉専攻
  •  : 各コースで主取得資格
  •  : 主取得資格と合わせ、履修の方法によって1資格まで取得可能です。〈注〉各資格とも1年次より資格科目単位を順次取得していく必要があります。
  • ※3年次編入の場合は、主な取得可能資格が一つとなります。
  • ※1 :介護福祉士国家試験受験資格(40名)の課程履修者の決定は、入学直後学内選考により行います。
  • ※2 :精神保健福祉士国家試験受験資格(20名)の課程履修者の決定は、1年次後期の学内選考により行います。
  • ※3 :成績が基準に達していない場合は、履修できないことがあります。
  • ※4 :認定心理士資格課程履修者(40名)が、定員を超えた場合は、2年次初めの学内選考により決定します。

取得可能資格

  • 国家試験受験資格/●社会福祉士 ●介護福祉士 ●精神保健福祉士
  • 教員免許状※1/●高等学校教諭1種免許状(福祉・公民) ●中学校教諭1種免許状(社会) ●特別支援学校教諭1種免許状※2
  • 受験資格/●福祉レクリエーション・ワーカー
  • 認定資格/●認定心理士 ●障がい者スポーツ指導者初級スポーツ指導員 ●傾聴士
  • 任用資格/●精神保健福祉相談員※3 ●知的障害者福祉司 ●社会福祉主事 ●児童福祉司※4●児童指導員 ●社会教育主事
  • ※1:成績が基準に達しない場合は、履修できないことがあります。
  • ※2:基礎資格として高校1種または中学1種のいずれかを同時取得しなければなりません。知的障がい者・肢体不自由者・病弱者の3領域で取得可能です。
  • ※3:精神保健福祉士課程履修者対象
  • ※4:1年以上の実務経験必要

真宗大谷派教師資格※5

※5:本専攻では、年間履修単位数の上限や時間割編成上の理由などにより、4年間の在学では本資格を修了できない場合があります。

資格に関わる実習モデル:社会福祉学科 社会福祉専攻

資格に関わる実習モデル:社会福祉学科 社会福祉専攻

※高1種(福祉)を取得するには、「教科に関する科目」において4週間のソーシャルワーク実習または介護福祉実習Ⅱを必要とします。


社会福祉専攻の特徴

国家資格などを取得し、就職につなげられる

本専攻には7コースがあり、いずれも福祉関連の複数の資格を取得可能です。社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士といった国家試験受験資格をはじめ、中・高の教員免許状や社会福祉主事、児童福祉司など多くの任用資格もめざせます。地域で、また国際社会で率先して活躍できる人材として、卒業生の多くが医療・福祉施設の専門職に就いています。

じっくり学んでからのコース選択も可能

ひとくちに社会福祉と言っても、その内容はさまざまであり、専門職も多岐に分かれているため、入学当初にはその違いがわからない人も少なくありません。本学では「福祉とは何か」といった根本的な概念から学びを始めます。それまで漠然と福祉に興味があるだけだった人も、理解を深めたうえで、自分の個性に合った分野を選択できるコースもあります。

sub panel social welfare
sub panel care welfare
sub panel care spirit
sub panel education
sub panel psychology
sub panel international
sub panel economy

福祉の現状がわかる機会を設けています

福祉の現状

社会福祉専攻のカリキュラムには、各種演習や実習科目も多くあります。しかし、それだけでは本当の意味での現場の苦労や大変さ、やりがいや楽しさを知ることは難しいでしょう。そこで、本学では講義科目に「キャリア支援講座」を設け、福祉の現場で活躍しているOB・OGを招いて、福祉職を志そうと思った動機や、現在の仕事内容について具体的な話を聞かせていただいています。OB・OGの話から福祉の現状がわかることはもちろん、学生にとって自分の将来を考える大切な一助にもなっています。

ケアの現場に参加できるサークル活動が活発

サークル活動

本学にはボランティアサークルや手話サークルが数多くあり、「青い鳥医療福祉センター」や「宅老所はじめのいっぽ」といった多様な医療・福祉施設でのボランティア活動、手話・点字を習得するサークル活動に、学生が自主的に参加しています。高齢者や幼児、障がい者、そして住みやすい社会の実現のために協働すべき地域の人々と、継続的に交流する体験を重ねることで、それぞれのケアの現場から、どんな支援が必要とされているのかを知ることができます。そして、仲間たちと助け合いながら、福祉の将来を担う専門家にふさわしい応用力をきたえます。

人々に生きがいを与える運動の指導力を養う

運動の指導力

 2011年に設立したスポーツ基本法の中に、「障害者スポーツの推進」が明記されました。さらに、高齢者の寝たきりをなくすための運動支援や、外遊び・集団遊びの機会の減少により社会性を失いつつある子どもへの遊び支援など、各方面での運動の指導力が必要とされています。社会福祉専門職には、人々の生活の質の向上をサポートする援助も求められています。本専攻では、「障害者スポーツ指導法」「レクリエーション実技」といった科目で対象者に合わせたレクリエーション支援の方法を学ぶことができ、人々が楽しんで体を動かし、生きることの素晴らしさを実感する場を設ける知識と実践力を養成します。

社会福祉の格言

socialwelfare lecturer
吉田 みゆき 准教授

“熱い胸”と“冷たい頭”と


今から30年以上前、私が社会福祉学部に入学したての時に読んだ、一番ヶ瀬康子先生の本に書かれていた言葉です。福祉の道を選ぶ動機の多くは、身近に困っている人がいてどうにかしたいという素朴な“熱い胸”だけど、それだけでは本当の問題解決にはならず、そこにはなぜそうなったのかという科学的・理性的認識、“冷たい頭”が必要だということで、今でも「なるほど」と思う言葉です。

社会福祉専攻
教員一覧

  • 伊東 眞理子 特任教授(高齢者福祉論)
  • 大住 誠 特任教授(発達と老化の理解)
  • 北畠 知量 特任教授(教育心理学)
  • 小島 惠昭 特任教授(仏教と福祉)
  • 中神 洋子 特任教授(国際社会福祉論)
  • 丹羽 丈司 特任教授(レクリエーション理論)
  • 三橋 真人 特任准教授(精神保健学)
  • 鈴木 淳子 特任講師(医療的ケア)
  • 繁昌 成明 特任講師(発達障害児心理学)
  • 井上 薫 教授(児童・家庭福祉総論)
  • 木野 美恵子 教授(介護概論)
  • 下山 久之 教授(認知症の理解)
  • 林 博幸 教授(社会福祉総論)
  • 目黒 達哉 教授(カウンセリング論)
  • 渡邊 幸良 教授(社会保障論)
  • 石牧 良浩 准教授(心理学概論Ⅰ・Ⅱ)
  • 鶴田 禎人 准教授(生活と福祉)
  • 平澤 恵美 准教授(ソーシャルワーク論)
  • 牧村 順一 准教授(地域福祉の理論と方法)
  • 村上 逸人 准教授(高齢者の介護)
  • 吉田 みゆき 准教授(精神保健福祉の理論と相談援助の展開)
  • 大橋 徹也 専任講師(ソーシャルワークの方法)
  • 汲田 千賀子 専任講師(介護福祉)

 

DOプラザ閲蔵
同朋学園大学部付属図書館
年度別シラバス検索 授業概要
同朋大学に寄付をお考えのみなさまへ