社会福祉学部
社会福祉専攻

社会福祉学部 社会福祉専攻

現場と密接に結びついた実践的なスタイルで学びます。

少子高齢化社会、格差社会である現代日本において、社会福祉に携わる人間に必要なのは、福祉の専門知識や技術と、人々の気持ちに共感できる“人間力”です。
社会福祉専攻の各コースでは専門分野を深く学び、実習やフィールドワークで実践力をきたえながら、社会福祉をとりまく多様な問題に目を向けることのできる広い視野を養います。
誰もがその人らしく暮らせる、理想的な社会づくりの担い手を目指します。


こんなあなたに

  • □福祉の仕事に興味がある。
  • □相談援助の仕事に興味がある。
  • □お年寄りや障がい者の手助けをしたい。
  • □心理学を学びたい。
  • □開発途上国や国内の外国人などのサポートしたい。

こんなお仕事

  • ●社会福祉士  ●介護福祉士
  • ●認定心理士  ●精神保健福祉士
  • ●教員     ●公務員
  • ●NPO・NGO・国際機関
  •  
  •  

社会福祉専攻の
4年間

socialwelfare4 years

高い知識と高い専門性を備え社会に貢献する福祉のプロを養成。

仏教精神に基づく同朋和敬を建学の理念として、広い知識と専門の学術を身につけ、併せて人格の陶冶と人類文化及び社会福祉に貢献する人間を養成することを目的として、その実現のためのカリキュラムを編成しています。

btn 02

社会福祉専攻の特徴

国家資格などを取得し、就職につなげられる

本専攻には7コースがあり、いずれも福祉関連の複数の資格を取得可能です。社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士といった国家試験受験資格をはじめ、中・高の教員免許状や社会福祉主事、児童福祉司など多くの任用資格も目指せます。地域で、また国際社会で率先して活躍できる人材として、卒業生の多くが医療・福祉施設の専門職に就いています。

じっくり学んでからのコース選択も可能

ひとくちに社会福祉と言っても、その内容は様々であり、専門職も多岐 に分かれているため、入学当初にはその違いがわからない人も少なくありません。本学では「福祉とは何か」といった根本的な概念から学びを始めます。それまで漠然と福祉に興味があるだけだった人も、理解を深めたうえで、自分の個性に合った分野を選択できるコースもあります。

sub panel social welfare
sub panel care welfare
sub panel care spirit
sub panel education
sub panel psychology
sub panel international
sub panel economy

福祉の現状がわかる機会を設けています

dummy1

演習や実習科目だけでは本当の現場はわかりません。講義科目に「キャリア支援講座」を設け、福祉の現場で活躍しているOB・OGから、志した動機や現在の仕事内容についてお話を聞かせていただいています。福祉の現状がわかる以上に、自分の将来を考える一助にもなっています。

ケアの現場に参加できるサークル活動が活発

640socialwelfare toku 2

本学にはボランティアや手話サークルが数多くあり、ボランティア活動・サークル活動に学生が自主的に参加しています。高齢者や幼児、障がい者、地域の人々との交流から、ケアの現場がどんな支援を必要としているのかを学び、福祉の将来を担う専門家としての応用力をきたえます。

人々に生きがいを与える運動の指導力を養う

dummy1

障がい者スポーツの推進、高齢者の運動支援、子どもへの遊び支援など、各方面で運動の指導力が必要とされています。社会福祉職にも援助が求められています。対象者に合わせたレクリエーション支援の方法を学び、人々が楽しんで体を動かし、生きる素晴らしさを実感させる実践力を養成します。

社会福祉の格言

socialwelfare lecturer
吉田 みゆき 准教授

“熱い胸”と“冷たい頭”と


今から30年以上前、私が社会福祉学部に入学したての時に読んだ、一番ヶ瀬康子先生の本に書かれていた言葉です。福祉の道を選ぶ動機の多くは、身近に困っている人がいてどうにかしたいという素朴な“熱い胸”だけど、それだけでは本当の問題解決にはならず、そこにはなぜそうなったのかという科学的・理性的認識、“冷たい頭”が必要だということで、今でも「なるほど」と思う言葉です。

社会福祉専攻
教員一覧

  • 大住 誠 特任教授(発達と老化の理解)
  • 北畠 知量 特任教授(教育心理学)
  • 小森 薫 特任教授(精神医学)
  • 玉井 威 特任教授(人間の尊厳と自立)
  • 中神 洋子 特任教授(国際社会福祉論)
  • 伊東 眞理子 特任教授(高齢者福祉論)
  • 小島 惠昭 特任教授(仏教と福祉)
  • 丹羽 丈司 特任教授(レクリエーションの理論)
  • 繁昌 成明 特任講師(発達障害児心理学)
  • 井上 薫 教授(児童・家庭福祉総論)
  • 木野 美恵子 教授(介護概論)
  • 下山 久之 教授(認知症の理解)
  • 林 博幸 教授(社会福祉総論)
  • 目黒 達哉 教授(カウンセリング論)
  • 渡邊 幸良 教授(社会保障論)
  • 石牧 良浩 准教授(心理学概論Ⅰ・Ⅱ)
  • 鶴田 禎人 准教授(生活と福祉)
  • 牧村 順一 准教授(地域福祉の理論と方法)
  • 吉田 みゆき 准教授(精神保健福祉の理論と相談援助の展開)
  • 大橋 徹也 専任講師(ソーシャルワークの方法)
  • 汲田 千賀子 専任講師(介護福祉)
  • 平澤 恵美 専任講師(ソーシャルワーク論)
  • 村上 逸人 専任講師(高齢者の介護)
banner img01
banner img02
banner img03