社会福祉専攻 精神保健福祉コース

心の病で日常生活に困難を抱える人の支援の在り方を考え、その方法を学びます。
施設利用者と対話を重ね、支援活動への理解を深めます。

准教授

吉田 みゆき(よしだ みゆき)先生

利用者と直接向き合い、語りかけられる精神保健福祉士に

当事者のことは当事者に聞いてみなければわかりません。学生たちには精神科病院などで行われるボランティアに参加し、実習とは別に当事者の言葉に耳を傾ける経験をして欲しいと考えています。また、実習に関しては、2年次に2日間、3年次に12日間、4年次に12日間(または18日間)実施しています。前の実習で得たことや課題として残ったことを次の実習につなげ、より効果的に学ぶのがその狙いです。実習や国家試験の受験勉強はたしかにつらいですが、仲間同士で支え合い、卒業後も職場を超えた交流が続く点もこの大学の魅力です。

学びの特徴

精神保健福祉

ソーシャルワーカーになって、心の病を患った人やその家族の暮らしを支えたい。

心の病や障がいを抱える人々の社会復帰・社会参加を支援していく精神保健福祉士。日常生活に困難を抱える人々が生き生きと暮らせるように支援する方法を学び、ソーシャルワーク・精神医学・心理学・精神障がいリハビリテーションなど、福祉・医療・保健にまたがる幅広い知識と専門技術を養います。講義と現場での実習を効果的に組み合わせたカリキュラムの中で、3・4年次には医療機関や生活支援施設などで210時間におよぶ実習を体験。利用者と直接向き合い、対話を重ね、支援活動への理解をより一層深めるとともに、高まるメンタルヘルスの需要への実践力を磨き、即戦力となる知識と技術を養います。


精神保健福祉コース3年 伴 一翼さん
愛知県立豊橋南高等学校 出身

家族に福祉関係の仕事をしている人が多く、昔から福祉に興味をもっていたので同朋大学に進学しました。講義中に精神保健福祉士を体験し、この職業のやりがいを感じたので、卒業後は精神科病院に精神保健福祉士として勤めながら、たくさんの人に精神障害について理解してもらうことが夢です。

PICK UP授業!

精神障害リハビリテーション

精神障がいの特性の一つは、病気と障がいが併存することです。つまり薬物療法などの治療だけではなく、リハビリテーションも重要だということです。この授業では精神障がいリハビリテーションの概念やプログラムを学ぶとともに精神保健福祉士としての役割を考えていきます。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 精神保健福祉士〈国家試験受験資格〉

歩む未来

  • 医療機関(精神科)、保健所、精神保健福祉センター、地域活動支援センター、就労支援事業所 など