社会福祉専攻 経済行政コース

公務員や一般企業、NPOなどで活躍するために必要となる力を養うコース。
社会の仕組みや行政の役割を学びながら現代社会の課題を解決する力も磨きます。

准教授

鶴田 禎人(つるた よしと)先生

福祉の力を身につけ、現代社会に求められる人材に

福祉の講義に加え、経済、法律、政治、経営などを学ぶことにより、公務員としてや一般企業への就職に必要な知識を身につけられるのがこのコースです。少子高齢化などにともない、役所や警察、消防などの公務員や一般企業の現場では福祉の知識を持つ人材が求められています。一般企業を経験した教員や経済学の博士号を持つ教員が多いことに加え、地域連携授業やインターンシップなど、経験を通じて学ぶことができるカリキュラムが多いことが特徴です。

学びの特徴

経済行政

社会福祉のより良いカタチを考えて、国や地域、制度や仕組みを変えていきたい。

行政職、社会福祉職、心理職、警察官、消防官など国や地方自治体で働く公務員、もしくは一般企業、NPOなどで必要な専門知識や実践力を養います。また、社会福祉士の国家試験受験資格等が取得できます。
経済や法律、福祉、心理などの専門的な知識を身につけ、地域連携事業やインターンシップなどを経験して、行政の役割や社会の仕組みを学びます。また、公務員試験の合格に向けて、学内のキャリア支援センターの各種講座を活用できます。


経済行政コース4年 渡邉 裕貴
愛知県・名古屋経済大学市邨高等学校 出身

さまざまな実践的なカリキュラムがあり、社会で活躍するための経済の知識と、福祉の知識の両方を得ることができます。

PICK UP授業!

経済学概論

経済史や理論など、経済学の基礎知識を修得します。そして、資本主義のメカニズムを理解した上で、ミクロやマクロといった経済学の視点から、家計や企業などを分析し、現代社会のさまざまなテーマについて、その現状や背景などを考えていきます。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 社会福祉士〈国家試験受験資格〉、精神保健福祉士〈国家試験受験資格〉、教員

歩む未来

  • 国家一般職、法務教官、保護観察官、家庭裁判所調査官補などの国家公務員、行政職、社会福祉職、心理職、消防職、警察官などの地方公務員、社会福祉協議会、NPO職員、一般企業 など