主な取得可能資格・免許状 一覧

中学校教諭一種免許状
( 国語 )/( 社会 )
高等学校教諭一種免許状
( 国語 )/( 地理歴史 )

大学での学びを活かし、先生になりたいという人。人文学科では、教職課程の単位を修得することで、中学・高校の「国語」、あるいは中学「社会」・高校「地理歴史」の教員免許状を取得できます。教員になるためには、専門的な知識や実践的技術を身につけたり、実際に中学校や高校で教育実習を行うなど、数々のハードルがありますが、学びの成果を確認しながら、一つひとつそれを乗り越えていきましょう。


学芸員( 国家資格 )

「博物館で働きたい」「資料の取り扱い方を学びたい」という学生の多くが、学芸員課程で学んでいます。本学の特徴は、本学所蔵の実物史料を用いた実習です。実物に触れることで文化財の意義を実感してもらいます。また学生たちが自ら企画し、展示までを行うこともあります。授業で学んだ知識や技術をもとに、博物館での実習を通して、学芸員としての力を養っていきます。

田中 伸空 さん

社会科の教員を目指して模擬授業でスキルと度胸を養う

教職に関する授業の中で、他の学生に授業をする「模擬授業」を多く体験します。毎回新たな発見があり、他の学生の模擬授業からも刺激を受けています。緊張しますが、いい授業ができると自信につながるので、いつも楽しみにしています。

歴史文化専攻4年
田中 伸空 さん

江川 葉 さん

単なる資格取得だけではない心に刻まれた貴重な体験

学芸員課程ではさまざまな実践的な授業を行いますが、実際に史料や展示品に触れながら、展示が出来上がる過程を学ぶ「博物館実習」が最も印象に残っています。貴重な古い史料を自らの手に取るという、普段では滅多にできない体験ができました。

日本文学専攻 4年
江川 葉 さん

学芸員(国家資格)

博物館( 総合博物館・歴史博物館・科学博物館・美術館など)において、資料の研究・調査、収集・展示普及、保存・管理を行う専門職員になるための資格です。学芸員課程の単位を修得することで、卒業時に学芸員資格が付与されます。


ここで学べる

人文学科

傾聴士

同朋大学が独自に認定する資格です。「傾聴」とは文字通り、人の話に耳を傾け、その話を聴くことで、その人が課題と向き合っていくための支援をするコミュニケーションのあり方です。傾聴士課程はそうした「傾聴」の力を養うカリキュラムです。


ここで学べる

人文学科

中学・高校・特別支援学校教諭一種免許状

大学での学びを活かし、先生になりたいという人。人文学科では、教職 程の単位を修得することで、中学・高校の「国語」、あるいは中学「社会」・高校「地理歴史」の教員免許状を取得できます。教員になる ためには、専門的な知識や実践的技術を身につけたり、実際に中学校や高校で教育実習を行うなど、数々のハードルがありますが、学びの成果を確認しながら、一つひとつそれを乗り越えていきましょう。


こんなあなたに
  • 子どもと関わりたい
  • 人に教えることが好き
  • 福祉の面白さを伝えたい
ここで学べる

人文学科

公務員

立法・行政・司法等、公の機関で働いている人が公務員です。国の機関で働く「国家公務員」と、都道府県や市区町村の機関で働く「地方公務員」に大別されます。公務員の仕事は公共の福祉を最大の目的としており、「人の役に立つことのできる」さまざまな種類の仕事があります。


こんなあなたに
  • 人の役に立ちたい
  • 国や地域に貢献したい
  • 困っている人を助けたい
ここで学べる

人文学科

※その他、取得できる資格があります。