社会福祉専攻 福祉教育コース

「生きる意味」に考えを巡らせ、指導・教育の立場で伝えられる福祉科教員を育てます。
広い視野で福祉をとらえる思考力も身につけます。

准教授

岩瀬 真寿美(いわせ ますみ)先生

模擬授業や教育実習で人を育む大切さを知る

わかりやすく伝える、人の意見を的確にとらえる、集団をまとめあげるといった教員に求められるスキルを修得します。教育実習で実際に学校の教壇に立つことで足りない点を知ることができ、継続して自分を成長させることができます。このコースを選ぶ学生には、人を育てる、人に教えるといったことに対して前向きな人が多いです。小・中・高時代に「こんな先生になりたい」と憧れる先生に出会えたのでしょう。ボランティアサークルや手話サークルに所属したり学校ボランティアに参加するなど、授業外でも努力している学生も見受けられます。そんな彼らを精一杯応援したいと思います。

学びの特徴

福祉教育

「福祉の心」を受け継いでくれる未来の若き担い手を育てたい。

福祉の精神と知識を専門的な視点から学び、「生きる意味」を追求、指導・教育の立場で活躍する人材を育てます。主に高等学校において「福祉」を教えるための講義内容が充実しています。
模擬授業や講義を通して人を育む大切さを理解し、福祉科教員に求められるスキルを習得。教員志望者は、4年次に実際の教壇に立ち、福祉を学ぶ高校生に対して教育実習を行います。


福祉教育コース4年 伊藤 朱音
三重県立朝明高等学校 出身

実習やボランティアに行くことが多く、さまざまな分野について、たくさんの知識を得られます。高校福祉科教諭免許状の取得をめざしています。

PICK UP授業!

特別支援教育Ⅰ

特別支援学校教諭になるために必要な科目です。理論や知識だけでなく、「障がい児と健常児の交流教育の事例」を取り上げて検討したり、「特別支援学校教諭をめざそうと思った動機」や「教育のこころとは」などテーマを設定し、グループ討議を取り入れ、学生参加型の授業を展開しています。

同朋大学シラバス

取得できる主な資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(福祉・公民)、特別支援学校教諭一種免許状

歩む未来

  • 中学校教員(社会)、高等学校教員(福祉・公民)、特別支援学校教員 など