主な取得可能資格・免許状 一覧

社会福祉士(国家試験受験資格)
社会福祉士

社会福祉士をめざす
石田 あみ さん

ソーシャルワーカー(社会福祉専門職)の国家資格です。
ソーシャルワーカーとは、日常生活を営む上で支援が必要な人やその家族の相談に応じ、アドバイスや指導、援助を行ったり、医師等、保健医療サービスを提供する者などとの連絡および調整を行ったりする専門家です。


こんなあなたに
  • 福祉の知識を活かして人の役に立ちたい
  • 相談をするより、相談されることが多い
ここで学べる

社会福祉コース/介護福祉コース/精神保健福祉コース/福祉教育コース/心理学コース経済行政コース

介護福祉士※2(国家試験受験資格)
介護福祉士

介護福祉士をめざす
伊藤 翔磨 くん

高齢者や、身体または精神上の障がいがある人に対して、心身の状況に応じた介護を行い、またその人やその家族の相談に応じる専門職の国家資格です。
家族の介護をする人や、介護現場で働くヘルパーに対して指導やアドバイスを行うことも仕事の一つです。


こんなあなたに
  • 高齢者や障がい者の力になりたい
  • 困っている人を見ると放っておけない
ここで学べる

介護福祉コース

精神保健福祉士※3(国家試験受験資格)
精神保健福祉士

精神保健福祉士をめざす 
鈴木 遥菜 さん

精神疾患やメンタル面での問題を抱えている人の暮らしをサポートする、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。
近年、認知症やうつ病等の増加にともない、医療・保健・福祉にまたがる専門職として、役割がますます重要になっています。


こんなあなたに
  • 精神障がい者の生活をサポートをしたい
  • うつ病で休職している人の職場復帰を支援したい
ここで学べる

精神保健福祉コース/社会福祉コース経済行政コース

教員※1
(特別支援学校教諭1種/高校1種「福祉」「公民」/中学1種「社会」)
教員

教員をめざす
伊藤 朱音 さん

教職課程の単位を修得することで、中学校教諭一種「社会」・高等学校教諭一種「福祉」「公民」・特別支援学校教諭一種の教員免許状が、卒業時に取得可能です。特別支援学校教諭は、障がいのある子どもに対して、自立するために必要な知識や技能を教えます。本学では知的障がい者・肢体不自由者・病弱者の3領域で取得可能です。複数の免許状を同時に取得することもできます。

※特別支援学校教諭の免許状は、基礎となる免許状(中学校または高等学校)を取得することと、 必要単位を修得することが必要です。


こんなあなたに
  • 子どもと関わりたい
  • 人に教えることが好き
  • 福祉の面白さを伝えたい
ここで学べる

福祉教育コース/社会福祉コース/介護福祉コース経済行政コース

公認心理師(国家試験受験資格)
認定心理士

心理学を学ぶ
門田 奈那子 さん

保健・医療・福祉・教育などの分野において、人の心理に関する観察・分析・相談・助言・指導・援助を行うための国家資格です。大学の課程で必要な科目を履修し、卒業後に実務経験を3年積んだ者、または大学院に進学して必要な科目を履修・単位修得した者に受験資格が与えられます。


こんなあなたに
  • 人の心の動きに興味がある
  • 悩んでいる人の話を聴いてあげたい
ここで学べる

心理学コース/社会福祉コース

公務員
公務員

公務員をめざす
渡邉 裕貴 くん

立法・行政・司法等、公の機関で働いている人が公務員です。
国の機関で働く「国家公務員」と、都道府県や市区町村の機関で働く「地方公務員」に大別されます。公務員の仕事は公共の福祉を最大の目的としており、「人の役に立つことのできる」さまざまな種類の仕事があります。
各職種ごとの公務員試験に合格することで、公務員に採用されます。


こんなあなたに
  • 人の役に立ちたい
  • 国や地域に貢献したい
  • 困っている人を助けたい
ここで学べる

経済行政コース/社会福祉コース/介護福祉コース/精神保健福祉コース/福祉教育コース/心理学コース

専攻コース名資格
社会福祉師
〈国家試験受験資格〉
介護福祉師
〈国家試験受験資格〉
精神保健福祉師
〈国家試験受験資格〉
教員
〈中学一種 「社会」 〉
〈高校一種 「福祉」「公民」 〉
教員
〈特別支援学校教諭一種〉
公認心理梓師
〈国家試験受験資格〉
社会福祉コース    
介護福祉コース      
精神保健福祉コース        
福祉教育コース        
       
心理学コース        
経済行政コース      

各コースの主な取得資格  主な取得資格とは別に、履修の方法によってさらに1資格まで取得可能
※ 3年次編入の場合は主な取得可能資格は1つとなります。

  1. 介護福祉士国家試験受験資格(40名)の課程履修者の決定は入学直後学内選考により行います。
  2. 精神保健福祉士国家試験受験資格(20名)の課程履修者の決定は1年次後期に学内選考により行います。
  3. 成績が基準に達していない場合は履修できないことがあります。
  4. 公認心理師になるための必要な科目(30名)の履修者の決定は、1年次後期に学内選考により行います。
    大学卒業後、実務経験を3年積むか、大学院に進学して必要な科目を履習することで受験資格が得られます。

Training Model実習モデル

取得資格必要な実習2年次3年次4年次
社会福祉士 ソーシャルワーク実習   4週間  
介護福祉士 介護福祉実習 6週間 4週間  
精神保健福祉士 精神保健福祉援助実習 2日間 2週間 2週間+1週間
公認心理師 心理実習     2週間
社会福祉士 ソーシャルワーク実習   4週間  
精神保健福祉士 精神保健福祉援助実習 2日間 2週間 2週間
介護福祉士 介護福祉実習 6週間 4週間  
社会福祉士 ソーシャルワーク実習     4週間
社会福祉士 ソーシャルワーク実習   4週間  
公認心理師 心理実習     2週間
中1種(社会) 中1種教育実習     3週間
高1種
(福祉または公民)
高1種教育実習     2週間
社会福祉士 ソーシャルワーク実習   4週間  
中1種(社会) 中1種教育実習     3週間
高1種
(福祉または公民)
高1種教育実習     2週間
中1種(社会) 中1種教育実習     3週間
高1種
(福祉または公民)
高1種教育実習   2週間
特別支援1種 特別支援1種教育実習     2週間
保育士

社会福祉士
保育実習(保育所)   保育実習I-1(2週間)  
保育実習(児童福祉施設)   保育実習I-2(10日間)  
ソーシャルワーク実習
(福祉施設など)
    ソーシャルワーク実習
(4週間)

いずれか1つ

* 高一種(福祉)を取得するには、教職課程科目「教科に関する科目」の「社会福祉総合実習(社会福祉援助実習及び社会福祉施設等における介護実習を含む)」の欄の4週間の実習を必要とする。

その他
  • 保育士
  • スポーツ・レクリエーション指導者(民間資格)
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 傾聴士(認定資格)
  • 知的障害者福祉司(任用資格)
  • 児童指導員(任用資格)
  • 児童福祉司(任用資格)※1年以上の実務経験必要
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 真宗大谷派教師資格※本資格について、社会福祉学科では、年間履修単位数の上限や時間割編成上の理由により、4年間の在学では取得できない場合があります。