教員紹介

氏名

目黒 達哉(めぐろ たつや) 教授

自己紹介(出身地・出身校・学生時代の思い出・休日の過ごし方等)

愛知県名古屋市出身、育ちは富山県富山市。大学時代は朝日新聞名古屋厚生文化事業団アサヒキャンプ・キャンプカウンセラーとして障害児・健常児合同キャンプ、不登校児キャンプに打ち込んでいました。

専門・研究分野

臨床心理地域援助、傾聴ボランティア

学びの紹介

私は臨床心理学の中でも臨床心理地域援助を専門としています。臨床心理士とボランティアの協働・連携について、研究テーマとしています。特にボランティア活動の授業に力を入れています。実践活動としては、知的障害者の生活介護事業(知的障害者と学生のレエクレーション交流)、高齢者の世代間交流事業(老人クラブと学生のグラウンドゴルフ、傾聴活動交流)を行っています。

学生・受験生に一言

「思いやり」と「優しさ」を大切にして生きていきたいですね

業績

【著書】

  • 傾聴ボランティアの臨床心理学的意義とその養成 (単著)2019/03 樹村房
  • 臨床心理的地域援助研究-コミュニティ臨床心理士の専門性とボランティアとの協働・連 携- (単著) 2014/03 学術図書出版

【論文】

  • 高齢者の自己成長に傾聴ボランティアが及ぼす効果 (単著) 2018/09 ライフケア学会『ライフケアジャーナル』第9巻第1号,7-15
  • 自傷行為を呈した生徒の家族と学校へのコミュニティ心理学的援助― スクールカウンセラーの役割について ― (単著)2007/07 日本コミュニティ心理学会編『コミュニティ心理学研究』第10巻2号,213-224
  • 登校拒否児M子へのコミュニティ・アプローチ (単著) 1998/06 日本心理臨床学会編『心理臨床学研究』第16巻2号,138‐149